ここから本文です

吊るす木がなくても大活躍?タープやシェルターに早変わりするハンモック

9/24(月) 17:01配信

bouncy

南フランスでうまれたQaouは、ハンモック以外に「タープ」「シェルター」「フライシート」の4通りの使い道があるハンモック。バックパッカーの心強い味方になりそうなプロダクトだ。

現在クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで3,400円のモスキートネットから支援できる。

3つの役割に変化するけどどう使う?

「Qaou」は耐荷重200キロのハンモックとして使える以外に、屋根がほしい場合に「タープ」としても活用可能。防水加工が施されており急な雨を防ぐのに活躍しそうだ。

お次はシェルター、付属のグランドキットとアルミポールで骨組みをつくったあと、ハンモックをかぶせることによって、木や日陰のないビーチなどでも太陽から避難できるシェルターを作り出せる。

「Qaou」はUVカット加工がされているため、これがあれば天日干しされなくてすみそうだ。

最後はテントの上につけるフライシート、これによりテントは完全防水に。テントと組み合わせる場合はこれだけじゃない。

テントとテントをつなぎ合わせるのに「Qaou」を使えば、即席中庭ができあがる。

オプションアイテムではハンモックを包み込んで虫除けとして使えるモスキートネットも用意。

キャンプや登山、バックパックではいかに荷物をへらすかが重要。「Qaou」はたった620グラムだからアウトドアに手軽にもっていけそう。

これさえあればいろんなシチュエーションに対応できること間違いなし?

株式会社OutLinx

Viibar.Inc

最終更新:9/24(月) 17:01
bouncy