ここから本文です

株価が年初から4割下落、「鳥貴族」を覆う不安の正体

9/25(火) 7:00配信

MONEY PLUS

焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」の株価が低迷しています。1月9日に高値3910円をつけましたが、足元では9月21日終値ベースで2250円と、4割強も下がっているのです。

鳥貴族といえば、外食業界の“勝ち組”といわれてきました。2014年7月期には売上高が146億円、本業の儲けを示す営業利益が6.9億円でしたが、直近の2018年7月期にはそれぞれ339億円、16.8億円と、5年間で2倍以上に拡大しています。

にもかかわらず、株価はこの9ヵ月間で4割強も下落。なぜ市場の評価はこんなに厳しいのでしょうか。その理由を分析してみたいと思います。

年初までの株価水準の背景

9月12日に公表された2018年7月期の着地は、売上高が前期比15.8増の339億円、営業利益は同15.4%増の16.8億円、当期純利益は同31.6%減の6.6億円。2ケタの営業増益にもかかわらず、翌日以降の各メディアの書きぶりも厳しいもので「32%減益」という活字が踊りました。その原因として、昨年10月に実施した値上げを挙げたものが大半でした。

期初時点での2018年7月期の会社側の予想業績は、売上高が前期比25.9%増の369億円、営業利益は同62.2%増の23.6億円、当期純利益が同38.4%増の13.3億円でした。これを7月6日に、売上高を同15.7%増の339億円、営業利益を同3.4%増の15億円、当期純利益を同39.1%減の5.8億円へと下方修正しました。

実は、この下方修正に伴う株価の反応はごく限定的でした。というのも、すでにこの時点までに株価に織り込まれていたからです。外食チェーンの収益に直結する既存店売上高は月によって前年同月を下回る月もありましたが、12月までの累計では何とか100%をキープしていました。

同時に出店攻勢もかけていますから、全店での売上高は昨年12月までの累計で前年同期の119.5%でした。これが年初時点での株価水準の理由です。

1/2ページ

最終更新:9/25(火) 7:15
MONEY PLUS