ここから本文です

関東や伊豆諸島 激しい雨、落雷に注意 猛烈な台風24号は動き遅い

9/25(火) 11:50配信

ウェザーマップ

 きょう25日は、前線に近い伊豆諸島や関東を中心に、雨の強まる所がある見込み。特に、伊豆諸島は局地的に、非常に激しい雨の降るおそれがある。土砂災害、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。

前線停滞 雨雲発達

 伊豆諸島付近から九州南部にかけて前線が停滞し、前線に近い地域で雨雲が発達している。午後は伊豆諸島で大気の状態が非常に不安定となり、夕方から夜遅くにかけて、局地的に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。
 また、関東でも夕方にかけて、局地的に1時間に30ミリの激しい雨の降る所があり、東京都心も一時的に雨脚が強まる可能性がある。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風、雨で見通しが悪くなる所があるので注意が必要だ。

気温変化に注意を

 25日の最高気温は、東日本や東北を中心に前日より低くなる見通し。午前11時過ぎの気温は、東京など関東南部で23℃前後で、湿気が多いのでまだ空気がじめじめと感じるが、東京都心は本降りの雨となる午後は気温が下がり続け、夕方には20℃を下回る予想だ。午前中の体感とは大きく異なるので注意を要する。

猛烈な台風24号 動き遅い

 猛烈な台風24号は午前9時現在、フィリピンの東海上をゆっくりとした速さで西北西に進んでいる。中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は75メートル。今後も台風は勢力を保ったまま、ゆっくりとしたスピードで進み、沖縄・奄美では29日(土)にかけて台風の影響を大きく受けるおそれがある。
 なお、予報円が大きく30日(日)以降の進路は定まっていないが、東・西日本でも前線や台風に伴う湿った空気が流入する可能性があり、雨の降る所が多くなりそうだ。今後も、最新の台風情報に注意が必要となる。(気象予報士・高橋 和也)

最終更新:9/25(火) 11:53
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ