ここから本文です

15秒でわかる2018年9月25日【クマ出没...ブリ食べる姿も 報酬めぐりハンター出動できず~】

9/25(火) 21:52配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

9月25日のニュース映像を15秒でチェック!
・クマ出没...ブリ食べる姿も 報酬めぐりハンター出動できず
・コインロッカーに赤ちゃん遺体 「4~5年前に産んだ」
・「シャンシャン」命名から1年 1,000人が観覧チケット入手
・1都3県で被害 偽札で組員逮捕 暴力団事務所を捜索


・クマ出没...ブリ食べる姿も 報酬めぐりハンター出動できず
ハンターに支払う報奨金が議会で否決され、24日、住民への説明会が行われた北海道・島牧村では、24日夜もクマが住宅の裏などに出没した。
24日午後10時50分ごろ、北海道・島牧村原歌地区の岩場で警戒態勢の中、クマがブリを食べている様子をカメラがとらえた。
島牧村では、猟友会への1,000万規模の報酬が高すぎるなどとして、村議会で補正予算案が否決され、ハンターが出動できない状態になっていて、24日夜の住民への説明会では、不安の声が上がった。
住民は「人の命がかかっている」、「(議員は)村民を守る何かをしなければならないのではないか」などと話した。
島牧村では、報酬の決着がつかない中、猟友会に出動を要請し、警戒が続いている。
(北海道文化放送)

・コインロッカーに赤ちゃん遺体 「4~5年前に産んだ」
コインロッカーの中から赤ちゃんの遺体が見つかり、49歳の女が警視庁に逮捕された。
須崎 江美梨容疑者(49)は9月13日ごろ、東京・台東区のJR鶯谷駅北口近くのコインロッカーに、赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれている。
24日に自首した須崎容疑者は、「4~5年前に都内のホテルで赤ちゃんを産んで、動かなかった。生きて産まれてこなくてパニックになった。捨てられず、コインロッカーに保管していた」と容疑を認めているという。
須崎容疑者は、18個あるロッカーの場所を入れ替えながら、数日おきにお金を入れていたという。

・「シャンシャン」命名から1年 1,000人が観覧チケット入手
東京・上野動物園のパンダ「シャンシャン」の名前が決まって、ちょうど1年を迎えた。
体重は、34.3kgまで増え、歯も生えそろってきたことから、お母さんの「シンシン」と並んで竹を食べることもあるという。
女の子は、「かわいかった。(どういうところがかわいい?)もふもふしてるところ」と話した。
25日は、上野動物園の休館日だが、江戸から東京に改称して、150年を記念し復刻された「カッパバッジ」を買うとついてくる抽選に応募した1万人のうち、1,000人がシャンシャンを観覧できるチケットを手に入れた。
訪れた人たちは、パンダ親子の愛くるしい姿に見入っていた。

・1都3県で被害 偽札で組員逮捕 暴力団事務所を捜索
埼玉・川口市のコンビニエンスストアで8月、偽札を使った疑いで、22歳の暴力団組員の男が逮捕されたことがFNNの取材でわかった。
首都圏では、類似の事件が相次いでいて、警察は、組織的な犯罪の疑いもあるとみて捜査を進めている。
9月6日、埼玉・草加市の住吉会系暴力団事務所に、埼玉県警が捜索に入った際の映像。
この暴力団事務所組員の矢吹勇祐容疑者(22)は8月20日、川口市のコンビニ2店舗で、偽の1万円札を使った、偽造通貨行使の疑いが持たれている。
偽の1万円札が使われる類似の事件は、埼玉県内の複数箇所で、8月20日から22日にかけて、また8月末ごろには、東京・神奈川・千葉のコンビニを中心に発生していて、警察は組織的な犯罪の疑いもあるとみて捜査を進めている。

最終更新:9/25(火) 21:52
ホウドウキョク