ここから本文です

貴乃花親方の年寄引退会見(全文3)無念はあるが弟子への心配の方が強い

2018/9/26(水) 11:38配信 有料

THE PAGE

記者の質問に答える貴乃花親方(撮影:具志堅浩二)

 大相撲の元横綱、貴乃花親方が25日、日本相撲協会に退職願を提出した。午後5時から都内で記者会見を行い、退職の背景などについて説明した。

 報道機関向けの書面によると、相撲協会の年寄を退職することに合わせて、弟子や世話人ら全員の所属先を変更する願いも提出したという。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】貴乃花親方が相撲協会に退職届 午後5時から会見」に対応しております。

    ◇     ◇

フジテレビ:フジテレビの「グッディ!」の大村と申します。よろしくお願いいたします。30年ですよね、お疲れさまでしたという思いと、もったいないという思いがあると思います。親方の中に後悔というのはないですか。

貴乃花:はい。現在のところは、無念な気持ちはございますけれども、後悔というより、この先、弟子たちがすくすくと育っていってくれて、もっと今まで以上に活躍してくれる、地位を極めていってほしいという、そっちの心配のほうが強いです。

フジテレビ:でも心配しながら相撲に関わるという形って、ちょっとまだ想像できないんですけれども、どういうふうに関わって。 本文:7,783文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込162
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2018/10/2(火) 13:59
THE PAGE