ここから本文です

台風24号 去年の台風18号と同様に、日本列島を縦断し広範囲で暴風か

9/26(水) 16:35配信

ウェザーニュース

 日本に接近中の台風24号は、今週末に先島諸島付近を通過した後、週明けにかけて日本列島を直撃する可能性が高まってきました。
 先島諸島から東シナ海に進んで、東に進路を変える進路は、去年9月に九州に上陸した台風18号と似ている点が多くあります。

 ■ 去年の台風18号との類似点 ■
 ・東シナ海で勢力が強まる
 ・進路を東に変えて急加速
 ・広いエリアで暴風に警戒

東シナ海で勢力が強まる

 去年の台風18号は、海面水温が高い東シナ海で発達のピークを迎えました。

 今回の台風24号も沖縄の南で一旦、勢力を弱めたものの、先島諸島から東シナ海に進む中で再び勢力を増すと予想されます。
 その分、勢力を保った状態で日本列島に近づきそうです。

進路を東に変えて急加速

 どちらも秋の台風らしく、急に速度を上げて日本付近を北上します。

 東シナ海を北上中は自転車並みの速度で進んでいたものが、上空のジェット気流に乗ることで、自動車並みに加速します。
 日本に近づくに連れて、スピードが上がって急に近づいてきますので、対策は早め早めに行うようにしてください。

広いエリアで暴風に警戒

 どちらも強風域の直径が1000kmを超える大型台風で、台風の中心から離れたところでも暴風のおそれがあります。

 去年の台風18号でも、台風の進路から遠い横浜で30.3m/s、仙台で28.3m/s、釧路で35.0m/sの暴風を観測。
 今回の台風24号は、それよりも勢力が強いため、暴風のエリアがさらに拡大してもおかしくありません。

 去年の台風18号は、鹿児島県に上陸した時の中心気圧が975hPaで最大風速が30m/sでしたが、今回の台風24号はこれよりも強い勢力で近づく見込みです。
 台風の進路に関わらず、広域での被害が懸念されますので、早めに対策を行ってください。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ