ここから本文です

鍵を隠す時代は終わり。他人との鍵の共有を円滑にするスマートキーボックス

9/26(水) 12:06配信

bouncy

igloohomeが開発したスマートキーボックス「Smart Keybox 2」。開けるための暗証番号をスマホアプリで管理する仕組みで、暗証番号を直接入力するかBluetooth連携させたスマホを近づけることでボックスを解錠できる。ボックスの中には、最大6つの物理キーまたは7つのキーカードを格納しておくる。

ドアノブだけでなく壁にも設置することができ、防水規格IP65によって野外に安心して置いておける。

igloohomeの公式ウェブショップで、一個149ドル(約15,000円)で販売中。

指紋の付き具合で暗証番号がバレるのも防げる

暗証番号入力の前に適当に最大8桁の番号を入力しても、暗証番号を認識してくれる「Decoy Security Code」を搭載。指紋の付き具合で暗証番号を推測されるリスクを軽減できる。PINコードの入力を5回間違えると、5分操作できなくなる「Security Lockout Mode」もある。

モバイルアプリでセキュリティーは万全に

igloohomeモバイルアプリで、暗証番号またはBluetoothキーを作成できるだけでなく、時間、日、週、または恒久的なアクセス権を付与するかどうかを選択することができる。

また、訪問者が建物に入る日時を追跡でき、Bluetoothキーのアクセスログはリアルタイムで更新され、PINコードのアクセスログは、所有者がBluetoothキーを使用するときに更新してくれる。

・ ・ ・

Airbnbやカーシェアなど他人との鍵の共有を簡単にしてくれる「Smart Keybox 2」。これからのシェア時代に必須のアイテムになるかも?

Viibar.Inc

最終更新:9/26(水) 12:06
bouncy