ここから本文です

米クアルコム:アップルにソフトとツールを不正利用された-米訴訟

9/26(水) 9:19配信

Bloomberg

米クアルコムとアップルの特許紛争でクアルコムは、同社のソフトウエアとツールをアップルがインテル製半導体の性能を高めるため不正利用したとの新たな主張を行った。

両社が係争中のカリフォルニア州裁でクアルコムは判事に対し、この主張についても判断するよう求めた。まだオンライン上で閲覧できない提出文書をブルームバーグが入手した。この訴訟の審理は来年4月に始まる予定。

クアルコムとアップルは世界で70件強の訴訟合戦を繰り広げている。

アップルは現在、「iPhone(アイフォーン)」最新機種で、セルラーネットワークに接続してデータと音声にアクセスさせるのにインテル製のモデムと半導体を採用している。クアルコムはアップルがクアルコムのソフトウエアとツールを使って、インテルのエンジニアがモデムの性能を向上させるのを助けたと主張している。

インテルの広報担当はコメントを控えた。アップルの広報担当はこの件に関し、以前のコメントに言及。同社は先に、「クアルコムの違法な事業慣行はアップルと業界全体に害を与えている。クアルコムは単一のコネクティビティ部品を当社に供給しているが、長年にわたりアップル製品のコスト全体の一定割合を求めてきた。これは実質的にアップルの技術革新への課税だ」とした上で、「われわれは知的財産の価値を強く信じているが、クアルコムに全く関係のない技術革新の対価を支払う必要はないはずだ。われわれは当社製品の標準的な技術に対してはいつでも公正な料金を支払う用意がある。クアルコムは合理的な条件の交渉を拒否しているため、われわれは裁判所に支援を求めている」と説明していた。

クアルコムの25日終値は1.1%安、アップルは0.6%高、インテルは2.1%安。原題:Qualcomm Says Apple Stole Software to Improve Intel Chip (1)(抜粋)

Ian King, Mark Gurman

最終更新:9/26(水) 9:19
Bloomberg