ここから本文です

『コード・ブルー』90億超え!実写邦画歴代6位に

9/27(木) 11:55配信

シネマトゥデイ

 山下智久が主演し、大ヒット中の映画『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(公開中)の興行収入が90億円を突破した(興行通信社調べ)。

【写真】「コード・ブルー」キャストの仲良しショット!

 人気医療ドラマ「コード・ブルー」を映画化した本作は、公開から8週連続で全国映画動員ランキングのトップ10にランクインするなど、夏に公開された映画の中で圧倒的な強さを見せている。16日時点で、それまで今年の興行収入1位だった『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』を抜き、トップに躍り出た。

 同作は、歴代興行収入では名作『ジョーズ』(1975)と並び48位に。さらに、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003)の173.5億円、『南極物語』(1983)の110億円、『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998)の101億円、『子猫物語』(1986)の98億円、『天と地と』(1990)の92億円に次ぐ、歴代実写邦画の興行収入6位に食い込んだ。

 また『コード・ブルー』のほか、今年公開された『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が86.7億円、『ジュラシック』シリーズ新3部作の第2弾にあたる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が80.6億円とヒット。いずれも歴代興行収入の100位内と好成績を収めている。『ゼロの執行人』は、10月19日から4DX上映が期間限定で行われるということで、さらに記録が伸びるのではないかと注目を浴びている。

 『コード・ブルー』は、救急用のドクターヘリに乗るフライトドクターたちの姿を描いた作品。ドラマ放送開始から10年、スペシャルドラマやスピンオフ作品が製作されるなど根強い人気を誇っている。(編集部・梅山富美子)

最終更新:9/28(金) 10:03
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事