ここから本文です

iPhone XS Max(256GB)の製造原価は約5万円?ーー3D Touch関連の部品削減でコスト減との分析

9/27(木) 13:57配信

Engadget 日本版

iPhone XS Max(256GBモデル)を分解して見積もりを取った結果、製造原価は約443ドル(約5万円)との推計レポートが発表されています。

iPhone XS Max で撮ったカルフォルニア

テキサス州オタワに本社のあるTechInsightsによると、同モデルの部品と組み立てコストの合計は約443ドルと推定されるとのこと。昨年のiPhone X(64GBモデル)の395.44ドル(約4万5000円)と比較して、興味深い内容となっています。
最も高価と見積もられている部品は、やはりOLEDディスプレイです。とはいえ6.5インチの大きさで80.50ドルということで、「5.8インチで77.27ドル」だったiPhone Xから約3ドルの微増に留まっています。

TechInsightsによれば、これは3D Touchに関する部品のいくつかを削減したことで、コスト増が緩和されたおかげだとか。同社でコスト分析を監修しているAI Cowsky氏はReuterのインタビューで「アップルが除去したもの(3D Touch関連パーツ)は合計10ドルで、残していれば80ドルが約90ドルになっただろう」との趣旨を述べています。

次いで高価なパーツは、A12 BIonicチップとモデムを合計した72ドル。こちらはiPhone Xの66.22ドルから約5.8ドル増となっています。

さらにカメラが44ドル(約5000円)、バッテリーが9ドル(約1000円)......といった個々の部品コストを積み上げて、組み立て費用を合算した結果が443ドルというわけです。

実際のiPhone XS Max(256GB)のアメリカでの販売価格は1249ドルで、差し引きすればアップルの利益は一台売るごとに806ドル(約9万1000円)となります。

この数字だけ見れば同社が「安く作って高く売る」的なイメージにとらわれがちですが、ハイエンドのスマートフォン事業はそう単純ではありません。

1つには、TechInsightsによる推計は部品の調達価格や組立費用を合計したにすぎないということ。この443ドルという数字にはハードウェアの研究開発やソフトウェアの作成、広告宣伝費など、iPhone XS Maxの完成や販売にかかる莫大なコストは含まれていません。

もう1つは、あくまでアップルの社外から観測できる範囲での推定であること。TechInsightsも、「ここで提供されるすべての原価見積は、最初の分解時に入手可能な情報を使用して集計されます。具体的なデータがまだ入手できない場合、いくつかの前提を設定しています」と注記を付けています。

実際、昨年iPhone Xがリリースされた当時、TechInsightsは製造原価を357.50ドルと見積もっていましたが、現在では395.44ドルに上方修正しています。iPhone XS Maxについても、やはり「実は安く見積もりすぎていた」として数字が改められるかもしれません。

ハンバーガーが原価○円だから、ビールが○円なのに飲食店の価格は高すぎるという人はいないはず(たぶん)。製造原価と定価の差額を見つめながら、付加価値が回り回って経済活動を活発化させ、世界を豊かにしているという広い視野を持ちたいものです。

最終更新:9/27(木) 13:57
Engadget 日本版