ここから本文です

西武・松井稼が引退会見 「やめるなら、西武でやめたいと思っていた」

9/27(木) 12:02配信

Full-Count

1994年のプロ入りから25年間の現役生活に幕

 今季限りで現役を引退する西武の松井稼頭央外野手が27日、メットライフドームに隣接する球団施設内で引退会見を行った。1993年ドラフト3位でPL学園高からプロ入りしてから25年。西武からメッツ、ロッキーズ、アストロズを経て、2011年に楽天へ。今季復帰し、プロのキャリアをスタートさせた西武で現役に幕を降ろすことを決めた松井稼はユニホーム姿で会見し「私事ですが、今シーズンで現役を引退することをご報告したいと思います」と自身の口から引退を表明した。

【一覧】球界を代表する名選手が続々引退… 各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 多くの報道陣が集まる中、松井は引退を決断した経緯を「ここ数年、毎年毎年、1年が勝負と思ってやってきた。勝負の年かなと思って過ごして来た。抹消になりまして、その時に初めて自分と向き合う時間があって、そろそろ来たなと。球団に話をさせていただき、お世話になった人に報告させていただき、今日、ここで会見させていただきます」と説明した。

 西武でプロ生活をスタートさせ、球界を代表する選手に成長しメジャーリーグにも挑戦。「生まれた場所、育ててもらった球団と思っていた。アメリカにいる間もいつか戻ってプレーしたいと思っていた。やめるなら、ここ(西武)でやめたいと思っていた」。最後は愛着ある古巣のユニホームで野球人生を終えることを選んだ。

 類稀なる身体能力を持ち“ファイブツールプレーヤー”とも称された松井稼。25年間で積み上げてきた実績は輝かしい。プロ2年目の1995年にデビューを果たすと、3年目には遊撃手のレギュラーに定着。1997年に初の盗塁王を獲得すると、1998年のMVPや7度のベストナイン、4度のゴールデングラブ賞獲得など、数々のタイトルを獲得した。

2003年オフにFA権を行使しメジャーに挑戦

 2002年には史上8人目のトリプルスリーを達成し、2000年6月7日の近鉄戦では同51人目のサイクルヒットも。プロ野球記録となる7度、7年連続のシーズン170安打を記録し、2002年と2003年には30本塁打超を放った。

 2003年オフにFA権を行使しメジャー挑戦。2004年からメッツへと移籍すると、開幕戦でメジャー史上初となる新人による開幕戦初打席初球本塁打を記録し、衝撃的なデビューを飾った。その後は故障に苦しめられながらも、ロッキーズ、アストロズと渡り歩き、7年間米国でプレー。2009年には日米通算2000本安打を達成した。2011年に楽天へと移籍し、日本球界に復帰した。

 2013年には主力として、楽天の球団史上初となるリーグ優勝、日本一に貢献。2014年からは外野手にコンバートされ、2015年7月28日のソフトバンク戦では、史上46人目となるNPB通算2000安打を達成。2017年オフに楽天から、古巣の西武に復帰。今季は23試合の出場にとどまり、31打数4安打0本塁打2打点、打率.129の成績だった。

 NPB通算で1906試合に出場し、7182打数2088安打201本塁打837打点363盗塁、通算打率.291と素晴らしい成績を残す。メジャー通算でも630試合に出場し、2302打数615安打32本塁打211打点102盗塁。2000本安打と200本塁打を達成した唯一の両打ちの打者で、球史に残る史上最高のスイッチヒッターが、ついにバットを置く。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:9/27(木) 13:11
Full-Count