ここから本文です

「結婚して欲しかった」 “バチェラー・ジャパン”2代目カップル、小柳津林太郎&倉田茉美が破局発表

9/28(金) 15:39配信

ねとらぼ

 Amazonプライム・ビデオで配信されたリアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン シーズン2」で2代目バチェラーを務めた小柳津林太郎さんが9月28日、お相手の倉田茉美さんと破局したことをブログで発表しました。

【画像:2人のショット別カット】

 同番組は、容姿端麗、高学歴、高収入というハイステータスを持つバチェラー(独身男性)の小柳津さんが、20人の女性たちから1人のパートナーを選ぶまでを追った恋愛ドキュメンタリー。シーズン2は2018年5月~6月に渡って配信され、最後には京都出身でイラストレーターの倉田さんがバチェラーの愛を勝ち取ったのでした。

 最終回の配信から約3カ月、小柳津さんは「バチェラー・ジャパン シーズン2を通して、結ばれた、倉田茉美さんとお別れすることになりました」と破局を報告。交際期間は約1年だったそうで、「お正月にはうちの実家に来たりと、外で会えない期間、二ヶ月間同棲をしたり」と結婚を前提に真剣交際していたとのこと。破局理由については、「言葉で表現するのは難しいのですが、時が経ち、気が付けば、兄弟と言いますか、心友のような関係に変わっていきました」と恋愛感情とは違った愛情が生まれてしまったことだとしています。

 番組視聴者に対しては、「二人の結婚を期待して頂いた方々には、応えることが出来ず、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪。倉田さんもSNSを更新しており、「あまりにも早い別れに失望される方、ガッカリされる方、当然だと思います」とコメントを残したほか、「私はバチェラーに参加して彼と出逢って結ばれてお別れに至るまで、ずっと本気で彼と向き合い続けてきました。番組にやらされたことは一つもありません」と後悔のない日々だったことをつづっています。

 ファンからは、「正直ショックが大きいです」「ええええええ!」「結婚して欲しかった」「あんなに感動した愛の物語だったのに」「とても残念ですが いろいろと考えられた結果だと思います」「二人が出した答えなら、受け止めるよ!」など大きな反響が。ちなみに、シーズン1で結ばれた初代バチェラーの久保裕丈さん&蒼川愛さんもすでに破局しており、バチェラーカップルの結婚はまたも叶わずでした。

ねとらぼ

最終更新:9/28(金) 15:43
ねとらぼ