ここから本文です

18年化粧品市場、4%増の2兆7858億円 富士経済

9/28(金) 14:15配信

健康産業新聞

 富士経済は27日、2018年の化粧品国内市場が前年比4%増の2兆7858億円になる見込みと発表した。

 訪日外国人観光客数および消費額が拡大した。国内需要は、オールインワンゲルなど「時短ケア化粧品」に対する根強いニーズが見られるとしている。

 スキンケアの最後に使用し、寝ている間に美容効果が得られることを訴求した“スリーピングパック”がトレンドとなったことで、オールインワンでもパック効果を付加したアイテムを投入するブランドがみられた。

最終更新:9/28(金) 14:15
健康産業新聞