ここから本文です

「りんご狩り」体験を農園から都会にお届け 都内のケータリング会社が企画

9/28(金) 19:47配信

AFPBB News

【9月28日 AFPBB News】果物の産地と都会を結びつける新たな試みとして、東京の企業が「リンゴ狩り」をケータリングするサービスを始める。都会のカフェやライブ会場、会社や個人宅などに即席の「擬似リンゴ園」を設け、農園にいる気分を味わいながら果物の魅力を感じてもらう仕掛けだ。

【関連写真(全7枚)】通年手に入るリンゴも旬の味は別格

「体験型ケータリング」と称するリンゴ狩りは、品川区のケータリング会社「ユインチュ」が手がける。天井や壁に設置された造花の枝葉にリンゴをぶら下げ、客がハサミで切り落とす仕組みで、アップルパイやサラダなどリンゴを使った料理とともに提供している。

 企画した同社社員でミュージシャンでもある二上大志郎さん(32)が、長野県山ノ内町(Yamanouchimachi)の「林檎(りんご)園うえはら」4代目の上原航輔さん(31)に働きかけて実現した。

 上原さんのリンゴ農園は、二上さんの自作曲のイメージに合うのだという。農園には、果樹が広がる景観の中に農家の努力が実っている。

「ここでライブをしたいが、どうすれば都会から足を運んでもらえるだろうか」。リンゴをどんな環境で誰が作っているのか知ってほしいという思いが募り、リンゴ狩りのケータリングにつながった。

 リンゴ農家の上原さんも、「都会では身近に取れたての果物を楽しむ機会が少ない」と感じていた。「旬の時期を同世代やもっと若い層にもアピールしたい、直接消費者と触れ合える場を増やしたい」と期待を寄せている。(c)AFPBB News

最終更新:9/28(金) 19:47
AFPBB News