ここから本文です

世界バレーどう挑む?中田監督、黒後、古賀、石井ら戦う14人の「覚悟」

2018/9/29(土) 12:30配信

THE PAGE

岩坂名奈「プレッシャーをはねのけて全員で頑張る」

 日本で開催される世界選手権ということでプレッシャーはありますが、そのプレッシャーをはねのけて全員で頑張っていきたいと思います。アジア大会で4位になって、“このままでは世界バレーでも結果が残せない”と一人ひとりが感じて、チームとして何が足りないのか課題と向き合い、ポジションごとに話し合う機会も増やし目標を設定して練習してきました。

 ポジションごとの考えを共有して共通認識を持って、個人なら(プレーの)質を上げて1本にこだわってやる、ブロックが高い相手へのブロックフォロー、ブロックとディグの連携をしっかりやる、こう点数の取る、といったことに取り組んできました。そうすることで連携の点やブロックで抑えられたり、上がらなかったボールも上がるようになっています。

 2次ラウンドへ1次ラウンドのポイントが加算されていくので、どの試合も大事。やってきたことをしっかり発揮したいと思います。

荒木絵里香「どんな状況でもふんばれる存在で」

 世界バレーは試合数も多くて、タフさも求められる厳しい大会。出場するにあたって身が引き締まっています。年は離れていますが、みんなとコミュニケーションを取って、いろんな話をいろんな選手としながら過ごしてきているので、さらに密にして、チームの一員として頑張っていきたいと思います。

 まじめで献身的な選手が多いチームだと思うので、そこをぐっと束になって戦って強いチームになっていきたい。アジア大会の悔しい結果、反省、課題を踏まえて試行錯誤しながらやってきたので、今シーズンの集大成の大会で結果を残せるように頑張りたい。

 ミドルブロッカーとして攻撃でセットで何点以上と目標を定めてやってきたり、ブロックと後ろのレシーブの連携についても意図をリンクさせようとやってきたので、コートの中で点数を取ったり、ブロックなどでもキルブロックできればいいですが、日本の武器であるフロアディフェンスを生かせるような役割、いい仕事をしていきたい。どんな状況でもふんばれる存在でいられるようにしっかり頑張っていきたい。

3/5ページ

最終更新:2018/10/5(金) 14:11
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事