ここから本文です

サッカー=王者バイエルンが今季初黒星、ドイツ1部

9/29(土) 10:39配信

ロイター

[ベルリン 28日 ロイター] - サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガは28日、1試合を行い、昨季王者バイエルン・ミュンヘンは敵地でヘルタに0─2で敗れ、今季初黒星を喫した。

バイエルンは前半23分、ジェローム・ボアテングが相手DFをペナルティエリア内で倒してPKを献上。これをヘルタ主将べダド・イビシェビッチに決められて失点すると、同44分にはオンドレイ・ドゥダにゴールを許した。

ヘルタがバイエルンに勝つのは9年ぶり。バイエルンとヘルタは6試合を終えて6勝4敗1分の勝ち点13で並び、バイエルンが得失点差で上回り暫定首位、ヘルタが2位となっている。

バイエルンのニコ・コバチ監督は、「どちらの失点も防げたと思うが試合内容はまずまず」と評価し、「負けても問題ないし、これですべてを否定的な目で見ることもない。われわれが立ち直り、またうまくいくようになると誰もがわかっている」と述べた。

最終更新:10/14(日) 9:17
ロイター