ここから本文です

大型で非常に強い台風24号 沖縄では各地で記録的な暴風を観測

9/29(土) 10:44配信

ウェザーニュース

 大型で非常に強い勢力の台風24号(チャーミー)は、29日(土)12時現在、久米島の南南東約40kmの海上にあって、1時間に20kmの速さで北に進んでいます。現在、沖縄本島地方や奄美諸島の一部が暴風域に入っています。


▼台風24号 9月29日(土) 12時現在
 存在地域   久米島の南南東約40km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   950 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 60 m/s

沖縄本島地方では記録的な暴風を各地で観測

 台風に近い沖縄本島地方では、各地で記録的な暴風となっています。沖縄県糸数では9時55分に観測史上最大となる最大瞬間風速56.2m/s、那覇市の沖縄気象台でも11時4分に最大瞬間風速50.9m/sを観測しました。

【最大瞬間風速で50m/s超を観測した地点】
・沖縄県糸数  56.2 m/s(09:55)
・沖縄県宮城島 52.5 m/s(10:37)
・沖縄県慶良間 51.4 m/s(08:57)
・沖縄県奥   51.3 m/s(13:37)
・沖縄県那覇  50.9 m/s(11:04)
・沖縄県渡嘉敷 50.1 m/s(08:35)

沖縄本島では深夜にかけて暴風雨が続く見込み

 台風はこの後、再び勢力を強めながら北東方向に進む予想です。既に暴風域に入っている沖縄本島は今日の午後、奄美大島には深夜に最接近する見込みです。

 沖縄本島では、深夜にかけて暴風域に入ったままで、風雨の強い状態が続く予想です。29日(土)の外出は控えるようにしてください。

沖縄から離れると一気にスピードアップ

 その後は上空のジェット気流に乗って加速し、明日30日(日)には非常に強い勢力を保ったまま、四国や近畿に上陸する予想です。

 その後、明後日10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するような進路をとる予想で、全国の広い範囲に大雨や暴風の影響を及ぼすおそれがあります。

 西日本や東日本では、今日29日(土)から秋雨前線の活動が活発になって、台風接近前から雨が強まる所がありそうです。

 総雨量は多い所で400~500mmに達する予想で、土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。

 また、北海道胆振東部地震の影響が大きかった地域でも、明後日10月1日(月)頃に雨が強まり、総雨量は100mmを超える可能性があります。最新の情報をこまめに確認するようにして下さい。

ウェザーニュース