ここから本文です

名物うなぎで「ラーメン」 岡谷市内の高校生同盟が提案

9/29(土) 6:05配信

長野日報

 岡谷市内の岡谷東、岡谷南、岡谷工業の3高校生徒による会議「Voice of AOHS(高校生同盟)」が28日、まちの魅力をアピールする「ご当地ラーメン」の商品化に向けて、提案の一つ「うなぎラーメン」を試食した。地元企業の協力で、岡谷名物のうなぎを取り入れたスープやトッピングの味を確かめた。

 若者の視点でアイデアを出し合い、まちづくりに反映していくプロジェクトの一環。これまでの会議で生徒たちが考案したうなぎラーメンを食べてもらおうと、ラーメンチェーン店を展開するテンホウ・フーズ(諏訪市)とうなぎ料理店の観光荘(岡谷市)が協力した。

 この日は、2、3年生計16人が市内のテンホウ岡谷南宮店を訪れた。試作のラーメンはしょうゆ味で、うなぎの頭を煮出しただし汁入りのスープが特徴。生徒たちは、うなぎのかば焼きや頭の空揚げ、骨せんべいをトッピングして味わった。

 岡谷東高2年の大輪友音さん(16)は「うなぎの苦みがもう少しあった方がインパクトがある。他にはない面白いラーメンが作れそう」と笑顔。テンホウ・フーズの大石壮太郎社長は「皆さんのイメージが膨らむよう手助けができれば」と話していた。

 次回は10月に開く予定。ラーメンの具材や宣伝方法を考え、年内の完成を目指すという。

最終更新:9/29(土) 6:05
長野日報