ここから本文です

台風接近も開催 日本はオランダにフルセットで敗れる

9/30(日) 23:01配信

スポーツ報知

 ◆バレーボール女子 世界選手権 オランダ3―2日本 ◆第2日(30日、横浜アリーナほか)

【写真】“サオリン2世”チーム最年少20歳の黒後愛

 強い勢力の台風24号が接近する中、開催された1次リーグA組で、世界ランク6位の日本は同8位で16年リオ五輪4位のオランダとフルセットの激戦を繰り広げたが、3―2で敗れた。

 5月のネーションズリーグでストレート負けを喫した難敵相手に、日本は第1セットを25―27で落としたが、第2セットは22歳の古賀沙理那が、12―9の場面から連続4得点を挙げるなど、躍動し、一気にオランダを突き放した。日本はこのセットを奪い、試合を振り出しに戻したものの、第3セットを落とし、第4セットは再び取り返すも、最終セットでは平均身長187センチのオランダの強打に苦しみ、敗れた。

 中田久美監督は「非常に悔しい思いでいっぱいです。でも選手たちは積極的に最後までプレーしてくれた。私たちにとってはプラスになる試合だった。これから試合は続くので気持ちを切り替えて、頑張りたい」と話した。次戦は10月1日にメキシコと戦う。

最終更新:10/2(火) 2:36
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ