ここから本文です

台風24号 JR西は一部路線除きほぼ通常運転 関空も滑走路再開

2018/10/1(月) 9:15配信

THE PAGE

 台風24号の影響で、近畿地方の鉄道各社では9月30日午後から「計画運休」を実施していたが、1日はJR西日本で北陸線、湖西線、和歌山線、関西線以外で始発からほぼ通常通り運転を開始した。

台風24号に備え近畿の鉄道順次運休 観光地は軒並み休業も

 近畿日本鉄道は、大和朝倉~長谷寺両駅間で発生した倒木除去の影響により、大阪上本町~名張両駅間の下り線で遅れと一部の列車が運休しているが、阪急、阪神、南海、京阪の各線はほぼ通常通り運行している。

 9月30日午前11時から計画閉鎖していた関西国際空港の滑走路は、ターミナルビルや空港施設の点検を行った後、1日午前6時に再開。同空港への連絡橋も1日午前5時半から再開し、鉄道アクセスも始発から通常運行を再開した。

 同空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は「前回(9月4日の台風21号での被害)の経験での学びを活かし、最大限の事前対策を行いました結果、おかげさまで被害もなく、当初計画どおりに滑走路を再開することができましたことを大変喜ばしく思っております」とコメントを寄せている。

最終更新:2018/10/2(火) 13:47
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事