ここから本文です

NAFTA、期限目前で合意 車は加メキシコに寛容

10/1(月) 11:59配信

ロイター

[オタワ/ワシントン 30日 ロイター] - カナダと米国は30日、難航していた北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で合意にこぎつけた。これでメキシコも含めた3カ国協定が維持されることになる。

焦点の1つだった自動車は、トランプ米大統領が輸入車に25%の関税を課すことを引き続き可能にする一方で、関税発動の場合にはカナダとメキシコから輸入する完成車や部品の多くを課税適用外とすることが決まった。

トランプ米大統領は、カナダが米東部時間10月1日午前0時(日本時間午後1時)までに合意に署名しなければ、NAFTAをメキシコとの2国間協定にすると警告していた。期限を迎える数時間前に合意に至ったことになる。

カナダと米国は共同声明で、新協定の「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)が、より自由な市場とより公正な貿易、力強い経済成長を地域にもたらす」と表明した。

トルドー首相は深夜の閣議後、記者団に「カナダにとって良い日だ」と語った。

一方、米政権の高官は「トランプ大統領にとって偉大な勝利であり、国際貿易問題における大統領の戦略の正しさを証明している」と述べた。

関係筋によると、トランプ大統領はカナダとの合意を承認したという。米高官は、米政府は11月末に新たな貿易協定に調印する意向だと語った。

カナダの複数の関係筋によると、新協定では現行の紛争解決制度が維持された。

ただその代償は高く、カナダは国内乳製品市場の約3.5%へのアクセスを米酪農業者に与えることに同意した。

関係筋は、カナダ政府が今回の合意で悪影響を受ける酪農業者に補償を行う用意があると付け加えた。

自動車については、カナダとメキシコに寛容な合意となった。

補足文書によると、トランプ大統領が安全保障上の理由で25%の自動車関税を課した場合、カナダからの輸入車は最大260万台が関税の適用外となる。メキシコからの輸入車も同規模の免税枠が設けられる。

両国で生産されたピックアップトラックは、全てが課税対象から外れる。部品については、メキシコの輸出品には年間1080億ドル、カナダからの輸出品には324億ドルの対米輸出免税枠が設定される。

こうした枠はカナダとメキシコの生産規模を大きく上回っており、両国は輸出を増やす余地が残る。また、自動車部品は、時給16ドル以上の地域で製造されたものの比率を増やす。雇用をメキシコ国外に移す狙いがある。

カナダの関係筋によると、今回の合意ではカナダの鉄鋼・アルミニウムに米国が課す関税の問題は解決しなかった。

メキシコのロペスオブラドール次期政権でNAFTA交渉を担当するヘスス・セアデ氏はツイッターで「3カ国間合意を歓迎する。地域の分裂への扉は閉ざされた」とし、「NAFTA2は、メキシコと北米のパートナー2カ国との貿易に確実性と安定性をもたらすだろう」とした。

カナダと米国がNAFTA枠組みで合意したと伝わったことで、カナダドル<CAD=>とメキシコペソ<MXN=>はいずれも上昇。米ドルに対し、カナダドルとペソはそれぞれ約0.50%高と0.80%高。

米国株も上昇する見込み。S&P総合500種Eミニ先物<ESv1>は0.5%超上昇。

*内容を追加しました。

最終更新:10/14(日) 7:44
ロイター

あわせて読みたい