ここから本文です

有働アナ zeroデビュー 大笑いあり、アドリブありの船出

10/1(月) 23:44配信

デイリースポーツ

 今年3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサーが1日、日本テレビ系「news zero」(月~木曜、後11・00、金曜、後11・30)のメーンキャスターとして初登場した。

【写真】ベテラン芸人 有働アナに「じゃまくさい女やなあ」

 腕の部分が透ける素材の濃い茶色のワンピース姿の有働アナは「どうもこんばんは、初めまして。有働由美子と申します。今日から『news zero』引き継がせていただくことになりました」とあいさつ。「早速、今夜ノーベル賞日本人受賞という驚くようなニュースが入ってまいりました。本庶佑先生、おめでとうございます!」と元気な声で祝福し、「こんな日にzeroを私が始めることができて、ありがとう…は変だな、本当にうれしいです」とにっこり微笑んだ。

 さまざまなニュースが氾濫する中で「私も何が正しいのか、どういう価値観でニュースを見ていっていいのか、正直自信がありません」と明かし、「ぜひ皆さんのニュースに関する、世の中に関する考えをこちらに送っていただければ、と思います」とツイッターで広く意見を募集することを説明。「皆さんと会話するニュースとして伝えていければ、と思っております」と番組のコンセプトを伝えた。

 月曜キャスターの嵐・櫻井翔から「CMにソワソワしすぎ」と指摘され、大笑いするなど“らしさ”も随所に。途中、「あれ?何でしたっけ?」と一瞬、進行が止まる場面もあったが、NHK時代と同様、持ち前のアドリブ力で乗り切った。

 スタジオには何度も笑いが起こるなど、緊張の中にもなごやかな雰囲気で、新しい「zero」が船出した。