ここから本文です

【映像】スラウェシ島で略奪始まる 地震津波被害のインドネシア

10/1(月) 13:28配信

AP通信

パル、インドネシア、10月1日(AP)― インドネシア国家防災庁は30日、同国中部のスラウェシ島で28日に発生したマグニチュード7.5の地震と直後の津波による死者は、832人に上ったと発表した。
 被害が最も大きかった同島中部のパルでは、住民がショッピングモールの倒壊した商店などから商品を略奪。放棄された車からガソリンやオイルを抜き取るなど、町は無法地帯化している。
 パル周辺では大規模な停電が発生し、食料や飲み水、ガソリンなどの燃料が不足しているが、飛行場は管制塔と滑走路が使用できず、パル周辺の道路も各所で寸断されており、救助隊や救援物資の到着が阻まれている。
 被災地を視察したジョコ大統領は、重機の不足で生存者の救出作業がはかどっていないが、1日には人材も機材も増強される見通しだと語った。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:10/1(月) 13:28
AP通信