ここから本文です

すぐに試せる! いつもの10倍おいしくコーヒーをいれる方法

10/1(月) 12:04配信

bouncy

ブルーボトルコーヒーとbouncyのコラボでお届けするコーヒーの日特集(全4回)。

・ブルーボトルコーヒーのおいしさの秘密! 究極のデジタルツールとは? 
・すぐに試せる! いつもの10倍おいしいコーヒーをいれる方法  → 本編
・ブルーボトルコーヒーのドリッパーが有田焼の理由とは? 潜入取材してきた【前編】
・ブルーボトルコーヒーのドリッパーが有田焼の理由とは? 潜入取材してきた【後編】

コーヒーの日に合わせてブルーボトルコーヒーにbouncy特別セットを限定でつくってもらいました。詳しくは本文下記をご覧ください。

今回は、ブルーボトルコーヒー流、ドリッパーを使っておいしくコーヒーをいれる方法を紹介します。寒さが日に日に強まるこの季節。自宅でいつもの10倍おいしい、ドリップコーヒーをいれてみませんか?

10倍おいしくなるコーヒーのいれ方をトレーナーが実践

教えてくれるのはブルーボトルコーヒーのトレーナーの佐藤大輔さん。ブルーボトルコーヒーのオリジナルドリッパーを使って、とっておきのコーヒーを作ってもらいました。

今回は、ブルーボトルコーヒーの、ブレンドコーヒー豆を使用した場合のいれ方を、実践してもらいます。ブルーボトルでは、ブレンドかシングルオリジンかによって、使用するコーヒー豆の量を定めているそう(ブレンドの豆の場合は28-30g、シングルオリジンの豆の場合は、22ー24g)。

味の変動が大きいドリップコーヒーのいれ方を「数値化」する

佐藤:大切なのはコーヒーのいれ方を数値化することです。どのタイミングでお湯をいれるのか、何グラムお湯を注ぐのか。いれ方を数値化することで、味の変動要素を少なくして、味を均質化できるんです。いれ方を数値にして覚えておけば、いつでもおいしいコーヒーを淹れることができます。

ドリッパーにコーヒーの粉を入れる
お湯を均等にかけるため、コーヒーの粉の密度が均一になるようにならす。

「1投目」
10秒かけて60gのお湯を注いだ後、香りや成分を抽出するため30秒時間を置く。

「2投目」
10秒かけて150gまでお湯を注ぐ。2投目の後は、20秒間、時間を置く。

「3投目」
10秒かけて250gまでお湯を注ぐ。3投目の後も、20秒間、時間を置く。

「4投目」
10秒かけて350gまでお湯を注いだら出来上がり!

1/2ページ

最終更新:10/1(月) 12:04
bouncy

あなたにおすすめの記事