ここから本文です

ラシェル製薬、美容サプリOEM事業拡大

10/1(月) 20:53配信

健康産業速報

 青汁など健康食品の受託製造を展開するラシェル製薬は、美容サプリメントのOEM事業を拡大させる。

 岡山工場を製造部門に特化させ、営業部門はグループ会社の化粧品受託メーカー・ミリオナ化粧品の大阪・東京・福岡営業所の営業メンバーをフル活用する。化粧品・医薬部外品の取引先を中心に、美容サプリメントの提案を強化していく。自社工場で有する粉末、カプセル、ティーバックの充填設備を活用。機能性表示食品も現在届出準備中で、受理されれば、医薬部外品+機能性表示食品といった提案も行っていく。

 同社の阪本雅哉社長は「近い将来にはホールディングス制を敷き、ラシェル製薬とミリオナ化粧品がシナジー効果を発揮して、グループとしてさらなる成長を目指していく」としている。

最終更新:10/1(月) 20:53
健康産業速報