ここから本文です

声優・小清水亜美「公開説教」騒動 失言スタッフに怒りも...「大人げない」指摘で反省

10/2(火) 18:23配信

J-CASTニュース

「プロとしての意識を持って行動を」

 その後、スタッフは「全面的に信頼しております!! 」と反応。どこか軽い調子の一言が、さらに怒りをヒートアップさせたのか、小清水さんはこの投稿に、

  「ちょっと何言ってるかわからないです」

と辛らつな言葉を返していた。

 こうした不穏なやり取りを見かねてか、ラジオを提供しているレストランの公式ツイッターは28日、「スタッフの心無い書き込みで小清水様を傷つけてしまい誠に申し訳ございません。小清水様のお怒りはごもっともでございます」と謝罪した。

 だが、これにも小清水さんは「怒りって...そうではなくて」と不満気な様子。さらに続けて、

  「スタッフサイドが不安を煽るような返信してしまうと お客様も更に不安になりますよね?私を傷つけて謝罪ではなく、プロとしての意識を持って行動を」

と苦言を呈していた。

 こうした出演者からの投稿を受け、スタッフは「申し訳ありません。不適切な書き込みだったという意識が低く、お恥ずかしい限りです」などと謝罪。だが、投稿の末尾にはハートの絵文字付きで、

  「あみっけ(小清水さんの愛称)、お忙しい中ありがとうございます」

とのフランクな一言も添えていた。

番組「打ち切り」憶測も...

 こうしたイザコザの発生から5日後の9月30日、ラジオの公式アカウントで番組の終了が発表された。そのためリスナーからは、「トラブルで打ち切りになったのか」との見方も広がることになった。

 これに小清水さんは10月2日未明、番組終了について「私の件が原因じゃないです」と説明。「あれがある前から終わるの確定していたので。発表のタイミングで憶測よんでしまっていますが、一応言っておきます」としていた。

 一連の番組スタッフと出演者の「公開バトル」は、打ちきりをめぐる噂も含めて、リスナーらの間で大きな話題に。ツイッターやネット掲示板では、「スタッフ側に配慮が足らなかったのは事実」「(小清水さんは)キレて当たり前」といった意見が出る一方、

  「結局暴走して台無しにしてるじゃん」
  「客が見れるツイッターって公の場で喧嘩してプロ意識語ってんのすげー笑う」

など、小清水さんの反応を「大人気ない」と諌めるユーザーの姿も。そのほか、

  「少なくともSNS上で、こんなやり取りをしている時点で番組スタッフも、あみっけもプロ失格じゃない?」

といった厳しい指摘も出ていた。

「憶測をよんでしまいご迷惑をおかけしました」

 こうした厳しい反応を受けてか、小清水さんは2日夕に改めてツイッターを更新。スタッフやスポンサーに向けて「ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありません」と謝罪した上で、

  「お客様を不安にさせて欲しくないという気持ちで会話の流れに参加した次第ですが、憶測をよんでしまいご迷惑をおかけしました」

と改めて真意を説明していた。

2/2ページ

最終更新:10/2(火) 21:00
J-CASTニュース