ここから本文です

米国株式市場はS&Pとダウ上昇、NAFTA再交渉妥結で

10/2(火) 7:57配信

ロイター

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉でカナダと米国が土壇場で合意にこぎつけ、貿易問題を巡る懸念が和らいだ。ただ、主要各指数は取引時間中の高値を下回って終了した。米国とカナダ、メキシコの新たな合意「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」では、各国の自動車メーカーがメキシコで低コストで自動車を生産することがこれまでより難しくなる。米国に雇用を回帰させる狙いもある。

自動車や鉄道関連を中心に工業株が買われ、フォード・モーター<F.N>は0.8%高、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は1.6%高。鉄道輸送のカンザス・シティ・サザン<KSU.N>は2.9%上昇した。

ここ数カ月、貿易問題に敏感に反応してきたS&P工業指数<.SPLRCI>は0.9%高と、5週間ぶりの大幅な上げとなった。

CFRAリサーチの投資ストラテジスト、リンジー・ベル氏はNAFTA再交渉の妥結について「NAFTAや北米にとって朗報であるだけでなく、市場参加者の多くは今回の合意を将来の交渉、特に中国との交渉に向けて明るい材料とみている」と話した。

S&Pの素材指数<.SPLRCM>やエネルギー指数<.SPNY>も1%超上昇。エネルギー株は、NAFTA再交渉の妥結や来月に控える米国の対イラン制裁再開を背景に原油先物が2014年以来の高値を付けたことが手掛かりとなった。

ナスダックは下落。フェイスブック<FB.O>が1.2%安、インテル<INTC.O>が1.8%安となり、指数を押し下げた。

このほか個別銘柄ではゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>が7.1%上昇。ジョン・フラナリー最高経営責任者(CEO)が退任し、取締役会メンバーのラリー・カルプ氏が後任に就くと発表した。

テスラ<TSLA.O>は17.3%急伸。マスクCEOが株式非公開化計画に関するツイッター投稿を巡り米証券取引委員会(SEC)と和解したことで安心感が広がったほか、第3・四半期のモデル3生産台数が目標に達したと報じられたことを好感した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.34対1の比率で上回った。ナスダックでも1.88対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は68億6000万株。直近20営業日の平均は68億9000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26651.21 +192.90 +0.73 26598.36 26737.98 26596.05 <.DJI>

前営業日終値 26458.31

ナスダック総合 8037.30 -9.05 -0.11 8091.50 8107.38 8019.77 <.IXIC>

前営業日終値 8046.35

S&P総合500種 2924.59 +10.61 +0.36 2926.29 2937.06 2917.91 <.SPX>

前営業日終値 2913.98

ダウ輸送株20種 11409.96 +30.60 +0.27 <.DJT>

ダウ公共株15種 717.84 -2.76 -0.38 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1370.44 +3.70 +0.27 <.SOX>

VIX指数 12.00 -0.12 -0.99 <.VIX>

S&P一般消費財 936.39 -1.84 -0.20 <.SPLRCD>

S&P素材 366.91 +3.79 +1.04 <.SPLRCM>

S&P工業 665.01 +5.94 +0.90 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 554.55 -0.36 -0.06 <.SPLRCS>

S&P金融 459.77 +1.59 +0.35 <.SPSY>

S&P不動産 200.14 -1.72 -0.85 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 569.13 +8.22 +1.47 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1107.28 +5.92 +0.54 <.SPXHC>

S&P通信サービス 160.38 -0.17 -0.10 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1328.55 +6.48 +0.49 <.SPLRCT>

S&P公益事業 266.47 -0.81 -0.30 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.12億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 24455 + 145 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 24420 + 110 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

最終更新:10/14(日) 7:39
ロイター