ここから本文です

ソニー、家庭用4Kプロジェクター「VPL-VW855」を11月17日に発売。ネイティブ4Kパネルに高画質レンズを組み合わせたハイエンド仕様

10/2(火) 20:44配信

Stereo Sound ONLINE

4Kモデルの兄弟機「VPL-VW555」「VPL-VW255」は10月20日に発売

 ソニーから家庭用4Kプロジェクターの新製品3モデル「VPL-VW255」、「VPL-VW555」、「VPL-VW855」が発表された。発売はVW255/VW555が10月20日、VW855は11月17日となる。価格はVW855が¥3,000,000(税別)で、VW255/VW555はオープン。想定市場価格はVW555は¥900,000前後、VW255は¥495,000前後となる。

「VPL-VW555」、「VPL-VW255」の画像はこちら


 VW255/VW555は、それぞれ「VPL-VW245」、「VPL-VW535」の後継モデルで、搭載するHDMI端子が4K/60pの映像入力に対応する18Gbpsの伝送速度をサポートするようになったのが特徴だ。新たに「4Kモーションフロー」も搭載された(VW255は一部機能が省略されている)。

 VW855は現行「VPL-VW745」&「VPL-VZ1000」、およびフラッグシップの「VPL-VW5000」の間を埋める新ラインのハイエンド機。VW745に「VPL-VW1000ES/VW1100ES/VW5000」に搭載された高級レンズ「VPLL-Z7013」を採用したモデルとなる。

 搭載する素子はネイティブ4K仕様(0.74型の4K SXRD:解像度は水平4096×垂直2160)というのは共通で、光源はVW855がVW745と同じレーザー、VW255/VW555は高圧水銀ランプとなる。明るさは、VW855がVW745よりも200ルーメン明るい2200ルーメンとなったほか、VW255/VW555は前モデルと同じ1500/1800ルーメンのスペックを持つ。

 今回新ラインとなるVW855は、VW745の筐体に先述のレンズVPLL-Z7013を組み込み、解像力をアップさせたモデル。筺体サイズは同じだが、レンズの前玉部分が若干はみ出すことになる。VW855ではレンズの能力をさらに引き出すために「デジタル フォーカス オプティマイザー」機能も新搭載。これは、レンズ周辺の収差(歪など)を効率的に補償してくれるものだ。

 なお、明るさの制御には、VW745同等のレーザーライトコントロールに、アイリスコントロール(アドバンストアイリス3)を組み合わせた「デュアル コントラスト コントロール」によって、暗部の再現性を向上させている。

 その他、映像モードに「HDRリファレンスモード」がリニューアルされたのも注目だろう(VW255/VW55には新搭載)。これは、現在のHDRコンテンツの制作環境において、平均輝度が最適化され、ほぼ最高値が1000nitになることを受け、従来、同値付近の映像は白飛びを抑えるような処理がされていたのをやめ、その数値の輝度まで表現しきるような映像処理を行なうモードとなっている。

最終更新:10/2(火) 20:44
Stereo Sound ONLINE