ここから本文です

モーニング娘。'18が和太鼓パフォーマンスを初披露……譜久村聖「いつもより“強い” モーニング娘。を」

10/2(火) 17:57配信

トレンドニュース(GYAO)

モーニング娘。'18が、和太鼓パフォーマンスを初披露。リーダーを務める譜久村聖は、「いつもより“強い”モーニング娘。を見ていただけたんじゃないかな」とアピールした。

【無料配信】「ハロプロのモノホン!」を配信中(毎週火曜更新)>>

ハロー!プロジェクト20周年を記念した新番組「ハロプロのモノホン!」が、映像配信サービス「GYAO!」にて配信中。モーニング娘。'18、アンジュルム、Juice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリーのメンバーたちが、さまざまなジャンルの一流パフォーマーやクリエイターから“モノホン”な技術を学び、コラボレーションすることで成長する姿を映し出す。

モーニング娘。’18は、プロ和太鼓集団「和太鼓グループ彩」のもとで人気曲「One・Two・Three」の和太鼓パフォーマンスの練習を続けていた。第6回ではついに本番。直前のリハーサルでは、メンバーたちはアイコンタクトを取り合ったり、太鼓をたたきながら笑顔を見せたりしており、スキルアップを感じさせていた。

珍しい和風衣装に身を包み、モーニング娘。'18は、本番のステージで見事スペシャルパフォーマンスを成功させてみせた。パフォーマンスを終えて、譜久村は、「いつもは女性らしさを大事に踊っていますが、今回は強い気持ちでダンスが踊れました。いつもより“強い”モーニング娘。を見ていただけたんじゃないかな」と感想を述べた。

また、石田亜佑美は、「めっちゃ楽しかったです!」とニッコリ笑顔を見せて、佐藤優樹も「もう1回やりたい! 違う曲でもやりたい!」と希望した。さらに歌唱力の高さに定評がある小田さくらは、「空気をちゃんと感じて自然と声が発されるみたいな空間がすごく勉強になった。気持ちを乗せる大切さを学びました」と語っており、今回の挑戦を通じて何かつかんだようだ。

一方、Juice=Juiceは、次世代ダンスユニット・XTRAP(エクストラップ)とコラボして、指を巧みに動かす新感覚ダンス“フィンガータット”に挑戦することに。高木紗友希は意外な才能を発揮していたが、他メンバーはなかなか苦戦している様子。果たして彼女たちは、パフォーマンスを完成させることができるのか?

(文/原田美紗@HEW)