ここから本文です

畑岡奈紗もビックリ!勝者はこんなところにも気を配る【カメラマンの景色】

10/3(水) 7:35配信

ゴルフ情報ALBA.Net

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【日本女子オープン編】。

【写真】イ・ボミが鮮やかなオレンジのウェアでのけぞり!?

国内の女子ゴルファー最強決定戦は、元世界ランキング1位のユ・ソヨン(韓国)の完勝に終わった。実力の差を見せつけての勝利だったが、最後までそのソヨンを苦しめたのが大会3連覇を目指した畑岡奈紗。それでも最終的には、経験で勝るソヨンが逃げ切った形だが、2人の強さは群を抜いていた。

予選ラウンドから3日目まで同組で回った2人だったが、世界の技にギャラリーは大興奮。特にソヨンの完璧なショットに加え、多彩な技は見る者をとりこにした。大会を撮影した村上航カメラマンも「本当に強かったですね。でも、ゴルファーとしても素晴らしいですが、それ以外の面でもトッププロでした」と、ソヨンのある行動を振り返る。

「3日目は雨が強く降ったりやんだりという状況でしたが、ラウンドの途中で、急に雨が降ってきた場面がありました。そのときソヨン選手が、畑岡選手に傘をさしてあげたのです。急だったので、畑岡選手はレインウェアも着ていなかったのですが、そのときの写真がこちらです」(村上カメラマン)

さりげなく傘をさしかけたソヨンの行動にビックリした畑岡。思わず振り向いた珍しいシーンがこちら。「世界のトップはやっぱりプレー以外でも振る舞いが違いました。ファンへの対応もそうですし、本当に強くて優しい選手を見ました」と村上カメラマン。人に優しくできる、真の王者の姿は若い畑岡の目にどう映ったのだろうか。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>