ここから本文です

ダウが終値で最高値更新、フェイスブック軟調でナスダック下落

10/3(水) 7:00配信

ロイター

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場はダウ平均株価<.DJI>が122ドル値上がりし、終値で最高値を更新した。一方、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500種指数<.SPX>は、交流サイト大手フェイスブック<FB.O>の下げが響き軟調だった。

高配当が期待できるセクターが好調で、S&P公益事業指数<.SPLRCU>は1.3%高、主要消費財<.SPLRCS>は0.6%高となった。

ダウ構成銘柄ではボーイング<BA.N>やキャタピラー<CAT.N>などが好調だった。米国とカナダ、メキシコの新たな貿易協定を受けて投資家は貿易に敏感な銘柄に対して強気のスタンスを維持している。

ナスダックはフェイスブックのほかネットフリックス<NFLX.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の下げに押されて下落した。

フェイスブックは1.91%安となり、過去3営業日では合計5.6%下落した。セキュリティー上の欠陥が見つかったと前週明らかにしたことを受け、ハイテク企業への規制強化を求める声が強まっている。

大手ハイテク5社で構成するFANG+指数<.NYFANG>は9月の月間騰落率が4.2%安となった。

S&P金融指数<.SPSY>はほぼ横ばい。ユーロ圏を離脱すればイタリアの経済情勢は改善するとのイタリア与党有力議員の発言を受けてイタリアの銀行株が下落し、一時は米金融株も売られる場面があったが、その後持ち直した。

ペプシコ<PEP.O>は1.8%安。第3・四半期決算は売上高が予想上回ったが、商品相場や輸送コストの上昇で利益率が失望を誘う結果となった。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.54対1の比率で上回った。ナスダックでも2.16対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は71億9000万株。直近20営業日の平均は69億3000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26773.94 +122.73 +0.46 26648.91 26824.78 26627.66 <.DJI>

前営業日終値 26651.21

ナスダック総合 7999.55 -37.76 -0.47 8024.48 8054.16 7983.99 <.IXIC>

前営業日終値 8037.30

S&P総合500種 2923.43 -1.16 -0.04 2923.80 2931.42 2919.37 <.SPX>

前営業日終値 2924.59

ダウ輸送株20種 11281.08 -128.88 -1.13 <.DJT>

ダウ公共株15種 727.36 +9.52 +1.33 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1370.87 +0.43 +0.03 <.SOX>

VIX指数 12.05 +0.05 +0.42 <.VIX>

S&P一般消費財 922.97 -13.42 -1.43 <.SPLRCD>

S&P素材 368.55 +1.64 +0.45 <.SPLRCM>

S&P工業 666.27 +1.26 +0.19 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 557.97 +3.42 +0.62 <.SPLRCS>

S&P金融 459.98 +0.21 +0.04 <.SPSY>

S&P不動産 199.58 -0.56 -0.28 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 569.86 +0.73 +0.13 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1106.23 -1.05 -0.09 <.SPXHC>

S&P通信サービス 160.55 +0.17 +0.11 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1328.41 -0.14 -0.01 <.SPLRCT>

S&P公益事業 269.90 +3.43 +1.29 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.34億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 24255 - 25 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 24230 - 50 大阪比 <0#NIY:>

(ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

最終更新:10/14(日) 7:36
ロイター