ここから本文です

米テスラ、一部取締役が新会長にジェームズ・マードック氏提案=NYT

10/3(水) 14:31配信

ロイター

[3日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>の一部取締役は、新会長に同社取締役の1人で21世紀フォックス<FOXA.O>最高経営責任者(CEO)のジェームズ・マードック氏が就くことを提案した。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が3日、関係筋の話として伝えた。

報道によると、マードック氏は会長職に志願したわけではなく、他の取締役との話し合いも行っていない。取締役会は新会長の人選について「真剣な」議論はまだ行っていないという。

テスラのイーロン・マスクCEOは株式非公開化計画に関するツイッターへの投稿を巡り米証券取引委員会(SEC)に提訴され、和解の一環として会長職を辞任することで合意した。

NYTによると、マスク氏は当初、取締役に対し電話で、取締役会がSECとの和解に固執するなら辞任すると警告していた。だが翌日、テスラの弁護士はマスク氏の「渋々の同意」を得てSECに和解を要請したという。

マードック氏や21世紀フォックス、テスラのコメントは取れていない。

最終更新:10/14(日) 7:30
ロイター