ここから本文です

伊那市新山小「マツタケ給食」 6年生が収穫

10/3(水) 6:04配信

長野日報

 教室に豊かな香り-。伊那市新山小学校で2日、給食にマツタケご飯が登場した。マツタケは先月末、松茸博士として知られる地元の藤原儀兵衛さん(80)の山に招待された6年生たちが収穫。全校児童43人と教職員は、藤原さんや地域の恵みに感謝しながら秋の味覚を楽しんだ。

 記録的な不作となった昨年秋は、藤原さんの山での収穫体験も「マツタケ給食」もできなかったという。給食が運ばれた教室では上品な香りがふわりと漂い、1年生は「いい匂いがする」。しゃきしゃき食感も楽しみ「すごくおいしいー」と笑みを浮かべた。

 収穫体験では6年生10人が藤原さんと共に山の中へ。シロ(発生場所)に顔を出したマツタケを丁寧に採り、中には「10本採れた」という児童も。羽場匠史君(12)は「去年は採れなかったから、こんなに豊作になってうれしいです」と喜んでいた。

 今年の収量は大小92本(計6.5キロ)となり、同校ではこの日を皮切りに4回の「マツタケ給食」を計画。マツタケ入りの春巻きやすまし汁も出すという。

最終更新:10/3(水) 6:04
長野日報