ここから本文です

名称変更から27年目…CLの通算得点数が8000に到達、グリーズマンが節目弾

10/4(木) 12:46配信

SOCCER KING

 10月3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で、アトレティコ・マドリード(スペイン)に所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、大会通算8000得点目を記録した。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 1955年に「ヨーロピアン・カップ」として創設されたCLは、1992-93シーズンから「ヨーロッパチャンピオンズリーグ」と名称を変更した(1996-97シーズンからは現行の「UEFAチャンピオンズリーグ」)。今回の記録は「ヨーロッパチャンピオンズリーグ」開始から数えた通算得点数とのこと。3日のグループステージ第2節クラブ・ブルージュ(ベルギー)戦でグリーズマンが決めた2得点目が、大会通算8000得点目となった。

 なお、CL通算7000得点目が記録されたのは2015-16シーズン。2015年11月25日に行われたマルメ(スウェーデン)戦で、パリ・サンジェルマン(フランス)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたゴールだった。

SOCCER KING

最終更新:10/4(木) 12:46
SOCCER KING