ここから本文です

FC東京DF小川諒也が2年半で3回目の交通事故「今後は二度と起こさないよう最大限の注意を」

10/4(木) 19:18配信

ゲキサカ

 FC東京は4日、DF小川諒也の運転する普通乗用車が9月28日に交通事故を起こしていたことを発表した。小川は2016年5月と同年8月にも交通事故を起こしており、クラブは過去2回と同じく厳重注意を行ったという。

 今回の事故が発生したのは、9月28日の14時15分頃だった。小川の運転する普通乗用車が片側2車線の新青梅街道を新宿方面へ進行中、「花小金井四丁目」交差点付近で信号待ちのため停車。その後、青色に変わったため、追い越し車線(右車線)へと動き出そうとしたところ、前方で停車中の車両(中型オートバイ)と接触事故を起こしたという。接触した車両を運転していた男性および小川に怪我はなく、事故発生後、速やかに警察や関係各所に連絡し、対応を行ったようだ。

 小川はクラブ公式サイトを通じ、「この度、私の不注意で接触事故を起こしてしまいました。運転をされていた方には心よりお詫び申し上げます。またご報告が遅くなってしまったことに関しても、大変申し訳なく思っています。再びこのような事故を起こしてしまい、ファン・サポーターの皆様をはじめ、応援していただいている方にご心配、ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。「今後は二度と事故を起こさないように最大限の注意を払います」と誓った。

 また、クラブも「今回の件につきまして、関係の皆様には多大なるご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。クラブは、小川選手に対して厳重注意を行うと共に、再発防止に向けて全選手、関係者に交通安全への取り組みを徹底してまいります」とコメントしている。

最終更新:10/4(木) 19:22
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合