ここから本文です

キース・スウェットが2年ぶり新作を今月発売 K-Ci、テディ・ライリー、エイコンら参加

10/5(金) 15:00配信

bmr.jp

キース・スウェットが2年ぶり新作を今月発売 K-Ci、テディ・ライリー、エイコンら参加

キース・スウェットが2年ぶり新作を今月発売 K-Ci、テディ・ライリー、エイコンら参加

昨年、デビュー30周年を迎えた57歳の大御所R&Bシンガー/プロデューサー、キース・スウェットが、2年ぶりの新作『Playing For Keeps』を今月末に発表する。

テディ・ライリーと組んだデビュー曲“I Want Her”で全米チャート最高5位の大ヒットとなる華々しいデビューを飾り、90年代にも“I’ll Give All My Love To You”、“Twisted”、“Nobody”といったヒットを連発させたキース・スウェット。30年以上のキャリアを誇るベテランながら今なお第一線で活躍する現役であり、若手プロデューサーたちを招きながらコンスタントにアルバムを発表、2016年に発表した『Dress To Impress』も米R&Bアルバム・チャート初登場2位を記録し、リード曲“Good Love”は米アダルトR&Bエアプレイ・チャートで首位を獲得するなど、不動の人気を誇っている。

またここ数年は、クリス・ブラウンが“Who’s Gonna (Nobody)”でキース・スウェット“Nobody”を借用し、さらにキース自身本人を招くリミックスを発表したり、ジャクイースやエンジェル、カマイヤといった若手がキース・スウェットの“Get Up On It”や“I'll Give All My Love To You”をサンプリング、ネリーが今年ジャクイースと共に発表した“Freaky With You”ではキース・スウェットが手がけたシルクの93年のナンバーワン・ヒット“Freak Me”のサビがそのまま歌われるなど、改めてキース・スウェットの楽曲が再評価されている。

今年1月には、ジョデシィ/K-Ci&ジョジョのK-Ciをゲストに迎え、レジットのメンバーとしても知られるロイ・チップ・アンソニーと共同プロデュースしたソウルフルな新曲“How Many Ways”を発表し、7月には米アダルトR&Bエアプレイ・チャートで最高5位となるなど好評を呼んだ中、ついにキース・スウェットがニュー・アルバム『Playing For Keeps』を完成。10月26日に発売となる。

『Dress To Impress』以来、およそ2年3ヵ月ぶりの新作となる『Playing For Keeps』は、全13曲を収録。中でも、人気R&Bシンガー/プロデューサーのタンクも参加した“Who's Your Daddy”では、盟友テディ・ライリーとの再タッグが実現。2007年のキース・スウェットのライブ盤『Sweat Hotel Live』や、今年開催された〈Essence Festival〉でのテディ・ライリーのステージなどで共演することは度々あったが、一緒に新曲を生み出すのはかなり久しぶりだ。

またアルバムには、“How Many Ways”に参加したK-Ciに加え、『Sweat Hotel Live』でも共演していたエイコンから、フレンチ・モンタナやボビー・Vとも共演したジャマイカの新進ダンスホール・ディージェイであるアルカライン、アトランタの新進R&Bシンガーであるレイフェイドといった若手も参加。アルバムの発売に先駆けて、タイリースの“Angel”でデュエット相手を務めたことでも知られる新進女性R&Bシンガーのキャンディス・プライスと共に歌い上げるミッド・バラード“Boomerang”も発表されており、今回もR&Bファン悶絶の内容になりそうだ。

なお、キース・スウェットの新作『Playing For Keeps』は、11月7日に日本盤の発売も決定している。

1. Eenie Meenie Miney Mo (feat. RayFade)
2. Bae Bae
3. Cloud 9
4. Get Up In It
5. Big Ass Lie
6. How Many Ways (feat. K-Ci)
7. No Love Loss
8. Fuego (feat. Akon, Alkaline & RayFade)
9. Who's Your Daddy (feat. Teddy Riley & Tank)
10. Pull Up
11. Red Negligee
12. Boomerang (feat. Candace Price)
13. All About You

最終更新:10/5(金) 15:00
bmr.jp

あなたにおすすめの記事