ここから本文です

「彼氏がほしいと思ったことがない。結婚もしたくない。老後も好き勝手にやる」アラサー女性の恋愛観に共感・批判が続々

10/5(金) 16:10配信

AbemaTIMES

 「30年近く生きてきて『彼氏がほしい』と思ったことがない」

 先月、“ひとりを楽しむ“がコンセプトのウェブサイト『DANRO』に掲載されたコラムが大きな反響を呼んでいる。執筆したのは「恋愛が必要だと思ったことはない。逆になんで皆さんが欲しがっているのか教えて欲しい。そんなに恋愛とか大事なのかなっていう感じ」と話すライターの中垣内麻衣子さん(28)だ。「支え合いがって言うけど、そんなに支えが必要な場面、ありますか?関係を維持するのに毎週とか2週間に1回とかのペースで会うのって、ちょっと面倒くさいなと思っちゃう。いや~時間に余裕があるのかな、暇なのかなって思う」。

 コラムの配信先・Yahoo!ニュースのコメント欄には、1000件近くの意見が寄せられ、理解できないという意見に混じって、中垣内さんの考えに共感するという意見もみられた。

 「確かに特定の恋人のために自分の時間の大半を割くくらいなら、フリーでいたほうが人生楽しめるんじゃないかと思うこともある」
 「すごくよく分かる。誰かと付き合いたい、結婚したい、子どもが欲しいと思ったことがない。押し負けて付き合った人はいるけど、家に上がられることも手を繋いで外を歩くことも、メールがくることもすべてがしんどいとしか言えなくて3ヶ月が限界だった。友人といえども旅行中数日ずっと同じ空間にいて顔を合わせ続けるのはきつい。変なのかなって思ったこともあったけど、こんなもんだと開き直っていまは自分のしたいように楽しんでいます」。

 内閣府が20~39歳の男女を対象に行ったアンケートによれば、およそ4割の男女が「恋人は欲しくない」と回答しており、番組が街で聞いてみると、半数以上は恋人が欲しいと回答する中、

 「欲しいと思うときもあるけどあんまいらないかな。友達いるからいいかなって」(17歳・女性、高校生)
 「1回も欲しいと思ったことない。自分でいっぱいやりたいことあるので、それに時間を費やしたい。あと友だちが多いので色んな人とご飯行くので、そこで何か束縛とかされちゃうの嫌だな」(21歳・男性、大学生)

 と、恋愛に対して興味を示さない人も確かに存在した。

1/3ページ

最終更新:10/5(金) 16:10
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事