ここから本文です

父親のおかげで8歳でミリオネアに? 米トランプ大統領、両親の脱税を手助けか――ニューヨーク・タイムズが報じる

10/5(金) 20:14配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

・ニューヨーク・タイムズは2日(現地時間)、アメリカのトランプ大統領は3歳になる頃には、年に20万ドル(約2300万円)を稼いでいたと報じた。

・8歳になる頃には、トランプ大統領はミリオネアだった。

・これは、大統領がいかにしてこれほど裕福になったかを追った大型特集の一部だ。

ニューヨーク・タイムズが2日に出したトランプ大統領の財産に関する大型特集記事によると、トランプ大統領は3歳になる頃には、父親の事業のおかげで、今の価値にして年に20万ドルを稼いでいたことが分かった。

8歳になる頃には、トランプ大統領はミリオネアになっていたと、ニューヨーク・タイムズは報じている。

これらの情報は、大統領がいかにしてこれほど裕福になったかを追った大型特集の一部だ。ニューヨーク・タイムズは、1990年代にトランプ大統領が「怪しげな税のスキーム」に関与したとし、これには両親――主に父フレッド・トランプ氏――がトランプ大統領に譲った資産を増やすための 「あからさまな詐欺の事例」も含まれていると報じた。

この特集記事の結論は、トランプ大統領が以前から繰り返してきた、自分は“自らの力で自分の帝国を築き上げた、たたき上げのビリオネア“だという主張に矛盾するものだ。

ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領が公表を拒否している個人の所得申告を確認することはできなかったが(過去の大統領候補は公表してきた)、「膨大な量の納税申告書や財務記録」を調べている。同紙は、トランプ大統領がこれまでに、今の価値にして少なくとも4億1300万ドル(約469億9000万円)を譲り受けたという。

トランプ大統領にこのお金が譲られたのは、大統領が両親の脱税を手助けし、偽の企業を設立、不適切な課税控除で父親が何百ドルと得るのを助けたからだと、ニューヨーク・タイムズは報じた。

大統領の弁護士チャールズ・ハーダー(Charles Harder)氏はニューヨーク・タイムズに対し声明文で、報道は「100%誤りで、非常に中傷的だ」とコメントした。

Business Insiderは、ハーダー氏、ホワイトハウス、トランプ・オーガニゼーションにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:Trump was reportedly earning $200,000 in today's dollars by the time he was 3 years old. And he was a millionaire by age 8.]

(翻訳、編集:山口佳美)

最終更新:10/5(金) 20:14
BUSINESS INSIDER JAPAN

Yahoo!ニュースからのお知らせ