ここから本文です

2日間で約350ステージ 横濱ジャズプロムナード2018

10/5(金) 14:31配信

カナロコ by 神奈川新聞

 今年25周年を迎える国内最大級のジャズ祭「横濱ジャズプロムナード2018」が、6、7日に横浜市中区周辺で開かれる。国内外で活躍するベテランから若手まで多くのミュージシャンが横浜に集い、熱演を繰り広げる。

 「街全体をステージに」を合言葉に、1993年に始まった同祭。ホール会場のほか街角や市内のジャズクラブなど1日約50会場を拠点とし、2日間で計約350のステージを開く。

 今年は、ピアニストの前田憲男と若手ビッグバンド「Gentle Forest Jazz Band」が6日、関内ホール・大ホールにそろって登場。また、同祭のために集まった男女7人のフルーティストが「All Flutes Company」を結成し、7日、横浜みなとみらいホール・大ホールで演奏を披露する。

 昨年12月に亡くなった横浜スタジアムの元社長で、同祭の開催にも尽力してきた鶴岡博をしのぶステージも「ヨコハマNEWSハーバー」に設置する。

 会場を自由に回ることができるフリーパスチケットを販売。前売りは、1日ひとり券が4300円、1日ペア券、両日券とも8千円。当日ひとり券は5千円。問い合わせは、実行委員会TEL045(211)1510。

Yahoo!ニュースからのお知らせ