ここから本文です

「選ばなかったことを後悔させてやろう」代表落選翌日に3連勝達成、天野純がACL出場圏に意欲

10/5(金) 23:10配信

ゲキサカ

[10.5 J1第29節 横浜FM2-1札幌 日産ス]

 10月シリーズの日本代表メンバーから落選。横浜F・マリノスMF天野純は「森保監督が見に来るのを知っていたので、選ばなかったことを後悔させてやろうという意気込み」で今節の札幌戦に臨んでいた。

 前日4日、森保一監督が発表した日本代表のメンバーリストに天野の名前はなかった。9月11月のキリンチャレンジ杯コスタリカ戦(○3-0)では追加招集から出番を勝ち得ていたものの、ロシアW杯を戦った欧州組の復帰によって外れた形だ。

「やっぱり海外組が来ると押し出されるので、Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」。そう痛感したという天野は、並々ならぬ意気込みで札幌戦に出場。立ち上がりに鋭いミドルシュートを放つと、その後も相手ボランチとの駆け引きで先手を取り続け、チームの3連勝に大きく貢献した。

 だが、当の本人は「自分自身を出すことができなくて不甲斐ない」と述べ、自身のパフォーマンスに納得がいっていない様子。その一方で「そんな気持ちを持ち始めたのが自分にとって成長」とこの悔しさをプラスに捉え、「4年後に入っていれば良い」と前向きな言葉も口にしていた。

 この日の勝利でチームは暫定9位に浮上。残留争いでは大きくリードしたが、「正直、残留争いは見ていない。確かに残留争いはしているけど、やっているサッカーはベスト3に入ると思っているので、やっと報われ始めている」とここでとどまるつもりはない。

「どこに誰がいるかが分かっているし、決まりごと、原理原則がわかってきて、連携が深まってきた」。そんな自信を口にした天野は再び代表復帰を遂げるためには「優勝するしかない」と言い切る。その上で「今年は優勝は無理ですけど、ACLに出たい」と上位進出をハッキリと宣言した。

最終更新:10/5(金) 23:10
ゲキサカ