ここから本文です

京成、6日は通常通り スカイライナーも運行

10/6(土) 12:07配信

Aviation Wire

 10月5日朝から約10時間にわたり、全線で運転を見合わせた京成電鉄(9009)は、6日午前11時32分現在、高砂-佐倉駅間で一部列車に運休が生じていたが、11時40分に通常通りになった。京成上野駅と成田空港を結ぶ特急スカイライナーも、通常通り運行している。

 京成によると、5日午前7時43分ごろ、千葉市の西登戸駅で停電が発生。午前9時32分からは全線で運転を取りやめ、午後7時50分ごろから運転を順次再開した。台風24号の影響で、送電施設に海水の塩分が付着する塩害でショートした可能性など、原因を調べている。

 この影響で、スカイライナーも運休。JR各線と接続する日暮里駅の改札前では、成田空港までの交通手段など振替輸送について、乗客が駅員や社員に質問していた。

 京成が全線運休になったことに加えて、5日午後4時ごろからはJR東日本の総武線快速も、東京-千葉駅間で上下線とも運転を見合わせたが、午後6時7分に運転を再開した。

 また、京成のウェブサイトは5日はアクセスが集中し、つながりにくい状況が続いた。成田空港のウェブサイトでも、空港にアクセスする鉄道の運行情報や道路情報を「成田空港アクセスナビ」として提供している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:10/6(土) 12:07
Aviation Wire

Yahoo!ニュースからのお知らせ