ここから本文です

「怖いと考える暇なく」踏切で立ち往生の女性救助 姫路の29歳女性

10/6(土) 8:30配信

神戸新聞NEXT

 踏切内で立ち往生していた高齢女性を救助したとして、兵庫県警飾磨署は4日、姫路市の家事手伝い田隅蛍さん(29)に、県の善行賞「のじぎく賞」を伝達した。

【写真】炎の中から高齢夫婦救出「体が勝手に反応」 兵庫の20歳男性

 9月2日午後6時50分ごろ、同市白浜町の山陽電鉄の踏切内で、女性(84)が押していた自転車のハンドルが降下した遮断機に引っかかり、取り残された。異変に気付き、慌てて駆け寄った田隅さんは、パニック状態の女性に「自転車持つから」と冷静に声を掛けて踏切の外へ誘導した。

 田隅さんは「(異変を知らせる)ブザーの音を聞いて、最初は何事か理解できなかった。女性の姿が見えた時には、怖いとか考える暇もなかった」と振り返った。同署の千代延顕司署長は「救助していなければ事故になっていた可能性が高い。勇気ある行動に心より感謝します」とたたえた。(谷川直生)

最終更新:10/6(土) 10:17
神戸新聞NEXT

Yahoo!ニュースからのお知らせ