ここから本文です

山県亮太 向かい風でも好走する強さを…福井国体準決勝は向かい風1・6メートルで10秒39

10/6(土) 14:49配信

スポーツ報知

◆陸上 福井国体 第2日(6日、福井県営陸上競技場)

 男子100メートル準決勝で、18年ジャカルタ・アジア大会銅メダルの山県亮太(26)=セイコー=は10秒39の3組1着で同日の決勝に進んだ。

 向かい風1・6メートルの条件下でのレース。予選同様の逆風に苦しめられながら、予選から記録を0秒14縮めた。「予選より内容をよくしようと思った。スタートを意識したけど、もう少し決勝ではスタートを改善できると思う」と修正点を挙げた。

 日本勢2人目の9秒台へ、台風25号の影響で吹く逆風は恨めしい限り。それでも山県は「どういう風が、これからの大事な試合で吹くか分からない。どんな向かい風でも、風が止まっても、追い風でも、いい走りができるようにしたい」。悪条件でも勝ち切る強さを理想に掲げ、決勝での快走を誓った。

 決勝は6日午後4時50分から行われる。

最終更新:10/7(日) 19:53
スポーツ報知