ここから本文です

織田信成さんの演技に、宇野昌磨が脱帽「違う意味で立場ない」

10/6(土) 16:13配信

スポーツ報知

◆フィギュアスケート ジャパン・オープン 6日(さいたまスーパーアリーナ)

 日本、欧州、北米の代表選手、男女2人ずつのフリーで争われ、男子で10年バンクーバー五輪7位の織田信成さん(31)が176・95点をマーク。今大会の記録はISU(国際スケート連盟)非公認となるが、この日、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が出した186・69点を含めても“今季世界3位”の高得点だった。冒頭の4回転―3回転の連続トウループは加点3・26を引き出す美しいジャンプ。その後も流れるようにジャンプを決め、7本全て成功。ノーミスで4分間を演じ切った。

【写真】ゲストスケーターで登場した町田樹さん

 織田さんの得点を見た宇野は「織田さんより低い点数を出すと、違う意味で立場がない。現役としていいのかなと思いながら滑っていた」と脱帽した。日本は総得点621・91点で2年ぶりに優勝を果たした。

最終更新:10/7(日) 14:30
スポーツ報知