ここから本文です

山県亮太 9秒台ならず 無情のこの日最大向かい風5・2M「押し戻された」

10/6(土) 17:48配信

デイリースポーツ

 「福井国体・陸上」(6日、9・98スタジアム)

 男子100メートル決勝が行われ、悲願の9秒台を狙った山県亮太(26)=セイコー=は向かい風5・2メートルの悪条件の中、10秒58で優勝したが、“10秒00”の壁は越えられなかった。

【写真】フィニッシュラインを通過した山県 表情は…

 強烈な向かい風を切り裂き、ゴールを駆け抜けた山県だったが、10秒58の表示にさすがに苦笑いが浮かんだ。

 「一応(過去に)向かい風6・いくつかの経験はあるんですけど…。でもスタート前はヤバかったですね。立ってられないぐらいだった。レース中も押し戻される感じがすごくありました」。

 日本海に居座る台風25号の影響により、午前の予選から強烈な南風でのレースが続いており、100メートルのレースはすべて向かい風。そして、この成年男子100メートル決勝の5・2メートルがこの日最大の向かい風だった。

 昨年9月の全日本実業団で日本歴代2位の10秒00をマークし、今年6月の日本選手権では10秒05。8月のジャカルタ・アジア大会では2度目の10秒00で銅メダルを獲得し、先月行われた全日本実業団では無風条件で10秒01。絶好調で迎えた今季最終戦。昨年、桐生祥秀が9秒98を出し、スタジアムの愛称にもなった9・98スタジアムで、条件さえ整えば、9秒台は目前と見られていたが、最後の最後に天に見放された。

 それでも、充実のシーズンを振り返り「記録が出るにこしたことはないけど、それでも自分の中で今季は成長を実感できた年でもあった。9秒台に準ずる記録を出せたことを自信にして、来年、再来年と記録を出すチャンスはまだまだあるので、その中でしっかり9秒台、9秒9台前半、それ以上の記録を出していけたら」と、来季以降を見据えた。

あなたにおすすめの記事