ここから本文です

クラフトビアフェス、羽生で7日開催 羽生駅から会場まで無料バス運行「ビールは人を幸せに」

10/6(土) 10:31配信

埼玉新聞

 埼玉県羽生市三田ケ谷のキヤッセ羽生で7日、公園内の羽生ブルワリーで醸造した8種類の「こぶし花ビール」や所沢市の所沢ビール、秩父市の秩父麦酒などを楽しむ「クラフトビアフェスティバル」が開かれる。

みそラーメンや海鮮丼、北海道の恵み楽しむ 大宮高島屋、9日まで秋の大北海道展 じゃがバターの販売も

 同ブルワリーの市岡慎司工場長(56)は同市でビール作りを始めて17年半になる。「当日は、おだやかな味のラガー、香りのエール、さらにベルギータイプの自慢のビールをお出しする。お楽しみください」と話す。

 8種類のこぶし花ビールはピルスナー、メルツェン、マイボック、グランクリュ、ESB、IPA、ベルギーホワイト、黒の憩。

 羽生駅から会場までは無料バスも運行される。市岡さんは「ビールは人を幸せにしてくれる。秋のひととき、ビールを味わってくつろいでほしい」と笑顔をのぞかせた。

最終更新:10/6(土) 10:31
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事