ここから本文です

G大阪、アデミウソンの芸術ループで白熱のダービー制す!怒涛の5連勝で残留前進/J1第29節

10/6(土) 15:58配信

GOAL

6日に明治安田生命J1リーグ第29節が行われ、セレッソ大阪とガンバ大阪がヤンマースタジアム長居で対戦し、ガンバ大阪が1-0で勝利。白熱の大阪ダービーを制し、リーグ5連勝を達成。残留を大きく引き寄せた。

【動画】アデミウソンが期待に応える芸術ループ弾!G大阪が怒涛の5連勝

C大阪は前節、ジュビロ磐田と対戦予定だったが、台風24号の影響で試合中止に。2週間のブレイクを経て今節を迎える。現在3戦無敗ではあるが、2試合連続ドロー中。杉本健勇と柿谷曜一朗を欠く厳しいチーム事情のなかで大阪ダービーに臨んだ。1トップには山村和也を配置し、清武弘嗣と水沼宏太が2シャドーの位置に入った。

対するG大阪は前節、首位のサンフレッチェ広島に完封勝ちを収めてついに降格圏を脱出。4連勝と勢いに乗っている。今節は3試合連続ゴール中のエース、ファン・ウィジョが出場停止。代わりにアデミウソンが渡邉千真と最前線に入った。

試合は序盤、ホームのC大阪が主導権を握る。3分、CKの流れからソウザが左サイドでボールを持つと、相手を交わして右足シュート。これがゴールに突き刺さったものの、PA内で木本恭生がプレーに関与したとして、オフサイドの判定となりノーゴールとなった。

C大阪は14分に右サイドの松田陸が足を痛めてしまい、プレー続行不可能に。高木俊幸との交代を余儀なくされた。

G大阪は23分に、アデミウソンが倉田秋へ縦パスを送ると、倉田がGKとの1対1に持ち込む。しかし、シュートはGKキム・ジンヒョンのセーブに防がれてしまった。28分と33分にも渡邉が決定機を迎えたがいずれも決まらなかった。C大阪も39分にソウザが得意のミドルでゴールを強襲したが、こちらもGK東口順昭が弾いてクロスバーに嫌われた。

前半はスコアレスで折り返すかと思われた45分、均衡が破れる。G大阪は倉田が中央付近から前線のアデミウソンへ浮き玉のスルーパスを供給する。受けたアデミウソンがループシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれてG大阪が貴重な先制点を奪った。

追う展開となったC大阪は54分、高木のクロスに丸橋が合わせたが惜しくも枠を外してしまう。74分にはソウザが前半同様にミドルで狙うも、またもGK東口に防がれてしまった。1点が欲しいC大阪は、水沼を下げて澤上竜二を投入。最後までゴールを狙う姿勢を見せたが、結局1点も奪えず。試合はアウェイのG大阪が1-0でC大阪との大阪ダービーを制した。G大阪はこれで5連勝をマーク。残留へ大きく前進している。一方のC大阪は3試合未勝利が続いている。

■試合結果
セレッソ大阪 0-1 ガンバ大阪

■得点者
C大阪:なし
G大阪:アデミウソン(45分)

最終更新:10/6(土) 16:01
GOAL