ここから本文です

X JAPAN異例の決断 台風の影響で中止になった公演のチケット代「全額返金」の発表に「神対応」の声

10/7(日) 10:30配信

エキサイトミュージック

JR東日本が初めて大規模な「計画運休」を実施するなど、交通機関に大きな影響をもたらした台風24号。それにともない、9月30日(日)の公演を中止した『X JAPAN Live日本公演 2018 ~紅に染まった夜~Makuhari Messe Day3』は、ファンからの要望に応える形で“無観客ライブ”を敢行。3時間におよび全19曲が演奏されたステージは、当日YOSHIKI CHANNELとニコニコ公式生放送、WOWOWメンバーズオンデマンドでのライブ配信もふまえると、最終日だけで百万人を超える人々が視聴。もともと3日間で10万人の動員を予定していた今回のライブは、歴史に残る過去最大の超大型ライブとなった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

その公演中止になった幕張メッセ公演最終日のチケット払い戻しに関して、X JAPANが「全額返金」と発表し、「神対応」だとファンからの声があがっている。

今回売り出されたのは、¥13,000(税込)の一般チケットに加え、2種類のVIPパッケージ。VIPパッケージの特典内容は以下の通り。

■VIPパッケージ/プラチナ ¥98,000(税込)
<特典>
プラチナ専用席(最前中央ブロック・指定席)
VIP専用入場口
バックステージツアー
VIPプラチナ限定グッズ
サウンドチェックパーティー
VIP専用トイレ利用
クローク優先利用
会場物販優先販売
<限定グッズ付き>
VIPアクリルパス
革製キーホルダー
ビッグフラッグ
ビニールポーチ
トートバッグ
メモリアル盾

■VIPパッケージ/ゴールド ¥55,000(税込)
ゴールド専用席(プラチナ席左右/後方・指定席)
VIP専用入場口
VIPゴールド限定グッズ
サウンドチェックパーティー
会場物販優先販売
<限定グッズ付き>
VIPアクリルパス
革製キーホルダー
ビッグフラッグ
ビニールポーチ
トートバッグ

ライブ当日は、公演は中止になったものの、VIPパッケージ購入者を対象に10時より物販の優先販売が行われ、11時30分からバックステージツアー(プラチナのみ)、13時30分からはサウンドチェックパーティー(リハーサル見学)が実施された。だが、VIPパッケージ購入者に対してもチケット代のみならず、パッケージ料金の「全額返金」を発表。さらに、提供されていた限定グッズもそのままプレゼントするという。

この発表に、ネットには以下のようなコメントがあふれた。

--
「サウンドチェックも観せてもらってグッズもいただきました…全額返金? よっちゃんの愛情の深さに涙止まらないです」

「X JAPANほどのビックバンドが、幕張メッセのような大規模な会場で、無観客で行った全力のライブパフォーマンス。 後にも先にも世界で唯一の『伝説の夜』として、きっと歴史に刻まれるでしょう。にも関わらず、全額返金だなんて……。ありがとうございます…。また必ず、YOSHIKIに会いに行きます」

「そのお気持ちに言葉が見つかりません。素敵なグッズもいただき、サウンドチェックも全力でやっていただいたし、無観客ライブも感動で涙しました。なので、私はこのチケットはこの歴史的なライブの想い出として大切にとっておくことにいたします。よっちゃん、優しいお気持ちをありがとう」

「今回のDAY3のライブは、このチケットを遥かに超える凄い価値のあるライブだったと……。よっちゃん、X JAPAN、ウドー音楽事務所、フジ…WOWOWさん、関係者の方に感謝してます。幸せな3日間でした」

「サウンドチェックパーティーに参加してVIP限定グッズももらったのに、全額返金ありがとうございます。返金されたお金は次のライブのために取っておきます」
---


公演中止に、「悔しくて涙が止まらない」「心からおわびします」とファンに涙ながらにメッセージしたYOSHIKI。彼はこれまで、自身の持つ慈善団体「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、2011年震災直後復興支援チャリティーオークションでは、X JAPANのラストライブで使用した自らのクリスタルピアノの落札金額11,000,000円を、2016年の震災復興チャリティーオークションでは愛用ドラムセットの落札金額6,000,000円を寄付した。

さらに、先の「北海道胆振東部地震」に10,000,000円、2016年熊本震災の際にも10,000,000円、2017年アメリカで起きたハリケーン ハービーで影響を受けたテキサス州には25,000ドル、その後同じくハリケーン被災者のためにグラミー賞を主催することで知られるレコーディング・アカデミーのチャリティ財団MusiCares(C)へ100,000ドルを寄付。また、メイクアウィッシュ財団、米ポインツ・オブ・ライト財団、米グラミーファンデーション、その他の団体へも継続的な支援を行っている。

X JAPANとしても、東北大震災の義援金として、2011年に『a-nation』出演の際の出演料を全額寄付し、2015年には石巻の震災復興ライブの収益金28,289,358円を全額寄付、被災者への支援に使用された。

YOSHIKIは、子供の頃に自分の父親を自殺で亡くしており 同じような痛みを持っている子供達に少しでも力になりたいと思い、2010年に米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を設立。9月13日に外国特派員協会で開催された記者会見では、これらのチャリティー活動について聞かれ、「人を助けることで生きる糧になり、自分も救われる」と答えている。

9月30日は日曜日ということもあり、各地で多くのコンサートが予定されていた。その多くがX JAPAN同様、中止の対策を取り、チケット代金の払い戻しが行われた。だが、リハーサル見学も行われ、グッズも提供されたにも関わらず「全額返金」というX JAPANの決断は異例だと言えるだろう。YOSHIKI、そしてX JAPANのメンバーの優しさ、ファンを思う気持ちが表れたこの発表に、今なお賛辞の声が寄せられている。

なお、新たな伝説となった“無観客ライブ”奇跡のステージはYOSHIKI CHANNEL会員限定で7日(日)23時59分まで視聴可能だ。

あなたにおすすめの記事