ここから本文です

4拍子なら朝イチでも曲がらない セキ・ユウティン

10/7(日) 11:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「朝イチのティショット」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーMさんの悩み】
「いつも朝イチでは体がガチガチになり、大きく右に曲げてしまいます…。どうしたら防ぐことができますか?」

【動画】ティンティンの4拍子スイング♪

【セキ・ユウティンのレスキュー回答】
朝一番のティショットは、プロでも緊張する一打です。そこで私が思うティショットを曲げないための考え方と対策法をお教えします。

1. 細かいスイング意識は二の次

朝イチショットでミスしてしまう人は、スイングの動きにとらわれすぎていることが多いです。こういうふうに振ろうとか、腰を切ろうとか…。私は、リズムさえ崩さなければ大きなミスは出ないと信じて挑んでいます。

2. 「1、2、3、4」と数えながら振る

リズムのとり方は「1」でアドレス、「2」でバックスイング、「3」でトップ、「4」でダウンスイングです。世界のトップ選手たちも、形は違いますがバックスイング:ダウンスイング=3:1のリズムで振っています。

3. あえて「1」をアドレスにあてる

「1、2、3」で振る人は多いと思いますが、私はあえてアドレスで1拍置くようにしています。構える時にひと呼吸おくことで、体の重心位置が定まり、始動から体が崩れることなくクラブを振っていけるからです。

4. フィニッシュまで力を緩めない

朝イチショットは大事にいきたい意識が強すぎて、スイングの途中でテンポを変えてしまう人がいます。インパクトでスピードを落とすと振り遅れにつながり、逆にボールは右に行きやすくなります。スイングリズムは最後まで一定に、力強く振りきるようにしてください♪

【今回のまとめ】リズムが大事♪

・「1、2、3、4」と頭の中で数えながら振る。
・フィニッシュまで力を緩めない。

取材協力/ザ・カントリークラブ

解説/セキ・ユウティン
1998年生まれ、福井県出身で5歳まで日本で過ごす。中国に渡り7歳からゴルフを始め、16歳でプロ転向。2016年に中国ツアーの賞金女王に輝く。昨季より日本ツアーにも参戦。国内外問わず活躍の幅を広げている。

あなたにおすすめの記事