ここから本文です

青学大・原監督、出雲駅伝は「ヨロシク大作戦」ベタな命名に「笑うところですよ」

10/8(月) 6:13配信

スポーツ報知

 学生3大駅伝の初戦、出雲駅伝は8日、島根・出雲市出雲大社前スタート、出雲ドーム前ゴールの6区間45・1キロで行われる。青学大の原晋監督(51)は7日、「ヨロシク大作戦」で、2年ぶり4回目の優勝を目指すことを宣言した。

 もはや恒例になった青学大の大作戦。今回も原監督お得意のベタな命名となった。「4回目の優勝を目指し、6区間の総合力で勝負。ポイントは4区の吉田圭太(2年)。出雲駅伝には9度目の挑戦です。合わせて4、6、4、9。ヨロシク大作戦です。どうですか? 笑うところですよ」

 指揮官からキーマンに指名された吉田圭太は、真剣な表情で受け止めた。「必ずいい位置でタスキが来るので、さらに勢いをつけたい」と、きっぱり話した。

 学生3大駅伝がいよいよ開幕。「同じ広島出身のレジェンド、矢沢永吉さんばりにヨロシク!です」と原監督は“舌好調”。勝負の世界では調子に乗ると失敗することが多いが、青学大の場合、指揮官が乗った方が成功する確率が高い。(竹内 達朗)

 ◆青学大の大作戦 2013年の箱根駅伝から“発動”したが、世間に広く認知されたのは15年に箱根路初優勝を果たしてから。16年全日本では「(開催地の)名古屋と言えばエビフリャー。頭から尻尾まで全部おいしい」(原監督)という意味で、「エビフライ大作戦」と命名し、優勝。昨年の出雲駅伝は「陸王大作戦」。原監督が出演したTBS系ドラマ「陸王」の番組宣伝? を兼ねていたが、フジテレビ系放送の出雲では相性悪く、失敗して2位。

最終更新:10/9(火) 8:56
スポーツ報知